• Sawaca Business Machines Ltd.は化学およびスクラップ取引セクターで知られる企業で、IT分野への戦略的拡大を発表しました。
  • ドバイに拠点を置くTCS Information Technologyとの重要な提携を通じて、AIベースのサプライチェーン管理(SCM)ソフトウェアを開発します。
  • この提携により、サプライチェーンの効率を向上させることを目指し、湾岸地域の輸出入市場に特化しています。
  • TCSはプロジェクトに295万ドルを投資し、半年ごとに分配される予定です。
  • 両社はドバイに共同子会社を設立し、今後3年間で1500万ドル以上の大規模な注文を処理する計画です。
  • TCS Information TechnologyはSawacaの20-25%の株式を取得する意向を表明しています。
  • このジョイントベンチャーとドバイの運営基盤の設立は、国際貿易と物流の重要なハブとして、また新技術を展開するための肥沃な市場として、戦略的に重要です。
  • Sawacaは、運用効率と資本管理の改善を実現し、株価も堅調に推移しており、投資家にとって魅力的な安定性を保っています。

この提携は、SawacaがITソリューションをビジネスモデルに組み込む新たな焦点と一致しており、長期的な成功への両社の信頼を示しています。また、この地域のダイナミックな市場は新技術の導入にとって有利な環境を提供し、サプライチェーン管理の分野での効率とスピードが求められる中、この提携がさらなる成長を促すと考えられます。


元記事: https://www.india.com/business/sawaca-business-machines-partners-with-tcs-for-usd-2-95m-ai-supply-chain-project-check-deets-here-6929344/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください