2024 年 5 月 12 日 3 ラジャブ 1440

中央カシミール大学(CUKashmir)は「国家技術の日」を祝うために3日間にわたるプログラムを企画し、土曜日に終了した。
インドは毎年5月11日を、1998年にポカランで行われた核実験の成功を記念し、技術における大きな成果を祝う日としています。
このイベントは、IT 部門が DSW および DIQA と共同で開催しました。開会の挨拶で、ザフール・アフマド・ナジャール博士は、科学は観察と実験を通じて自然界を理解する領域を探求するものであるのに対し、テクノロジーは現実世界の問題を解決するための科学的知識の実用化を網羅していると指摘しました。
カシミール大学のアビド・フセイン・ワニ博士が、サイバー世界における技術的脅威に対抗する技術について議論した最初の講演者でした。タリク・ハミド氏やメフディ・ハフィズ氏を含む学生は、それぞれ「インドのスタートアップエコシステム」と「ヘルスケアにおけるAI」についてプレゼンテーションを行いました。
招待講演者のNIT SrinagarのHoD CSEであるMohammad Ahsan Chishti博士は、プレゼンテーションで、今日の世界におけるテクノロジーの重要な役割を強調し、ヘルスケア、教育、製造などの分野にわたるAIと機械学習の可能性に焦点を当てました。彼は、ブロックチェーンテクノロジーの可能性、ユーザーエクスペリエンスとトレーニングを再定義するAR / VRの可能性、およびグローバルな接続性を強化する5Gおよび6Gテクノロジーの可能性について説明しました。
IT部門コーディネーターのアファク・アラム・カーン氏は演説の中で、宇宙技術から通信、ソフトウェア開発や人工知能からアーダールやUPI、最近の半導体チップ製造施設の設置に至るまで、さまざまな分野でインドが達成した技術的進歩を列挙した。
工学技術学部長のモハメド・ユスフ教授は、このようなプログラムの実施は若い世代のエネルギーを正しい方向に導き、社会が直面している問題に対して既成概念にとらわれない解決策を考えるよう学生に指導することになる、と強調した。
学務部長のシャヒド・ラスール教授は、大統領演説で、過去数十年間に国が目撃した技術の進歩を強調した。大量破壊兵器、ソーシャルメディア中毒などを例に挙げ、技術の悪影響に対処するシステムを開発する必要性を強調した。
国立技術デーの前夜に、学部の学生クラブである codesquad が実施したコーディング コンテストの優勝者が表彰されました。このイベントには、工学技術学部の学生と教員が出席しました。
A.S.博士ザホール・ギラニ博士、DIQA ディレクター、イルファン・アラム博士、DSW。 Basker 氏、HoD Mathematics 氏などが出席しました。 MS。 Faiqa 氏が議事を進行し、Faiqa 氏が議事進行を行いました。マスカン氏は感謝状を贈呈した。
中央カシミール大学(CUKashmir)は「国家技術の日」を祝うために3日間にわたるプログラムを企画し、土曜日に終了した。
インドは毎年5月11日を、1998年にポカランで行われた核実験の成功を記念し、技術における大きな成果を祝う日としています。
このイベントは、IT 部門が DSW および DIQA と共同で開催しました。開会の挨拶で、ザフール・アフマド・ナジャール博士は、科学は観察と実験を通じて自然界を理解する領域を探求するものであるのに対し、テクノロジーは現実世界の問題を解決するための科学的知識の実用化を網羅していると指摘しました。
カシミール大学のアビド・フセイン・ワニ博士が、サイバー世界における技術的脅威に対抗する技術について議論した最初の講演者でした。タリク・ハミド氏やメフディ・ハフィズ氏を含む学生は、それぞれ「インドのスタートアップエコシステム」と「ヘルスケアにおけるAI」についてプレゼンテーションを行いました。
招待講演者のNIT SrinagarのHoD CSEであるMohammad Ahsan Chishti博士は、プレゼンテーションで、今日の世界におけるテクノロジーの重要な役割を強調し、ヘルスケア、教育、製造などの分野にわたるAIと機械学習の可能性に焦点を当てました。彼は、ブロックチェーンテクノロジーの可能性、ユーザーエクスペリエンスとトレーニングを再定義するAR / VRの可能性、およびグローバルな接続性を強化する5Gおよび6Gテクノロジーの可能性について説明しました。
IT部門コーディネーターのアファク・アラム・カーン氏は演説の中で、宇宙技術から通信、ソフトウェア開発や人工知能からアーダールやUPI、最近の半導体チップ製造施設の設置に至るまで、さまざまな分野でインドが達成した技術的進歩を列挙した。
工学技術学部長のモハメド・ユスフ教授は、このようなプログラムの実施は若い世代のエネルギーを正しい方向に導き、社会が直面している問題に対して既成概念にとらわれない解決策を考えるよう学生に指導することになる、と強調した。
学務部長のシャヒド・ラスール教授は、大統領演説で、過去数十年間に国が目撃した技術の進歩を強調した。大量破壊兵器、ソーシャルメディア中毒などを例に挙げ、技術の悪影響に対処するシステムを開発する必要性を強調した。
国立技術デーの前夜に、学部の学生クラブである codesquad が実施したコーディング コンテストの優勝者が表彰されました。このイベントには、工学技術学部の学生と教員が出席しました。
A.S.博士ザホール・ギラニ博士、DIQA ディレクター、イルファン・アラム博士、DSW。 Basker 氏、HoD Mathematics 氏などが出席しました。 MS。 Faiqa 氏が議事を進行し、Faiqa 氏が議事進行を行いました。マスカン氏は感謝状を贈呈した。

元記事: http://brighterkashmir.com/cukashmir-organises-3-day-prog-to-celebrate-national-technology-day

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください