ジャカルタ – イスラエルの研究者たちは、人工知能を活用して膨大な記録を精査し、ホロコーストで殺害され公式記念碑に名前が記載されていない何十万人ものユダヤ人を特定しようとしている。
第二次世界大戦中、600万人以上のユダヤ人がナチスによって殺害され、今週月曜日のヨム・ハショア(ホロコースト記念日)には世界中でこの大量虐殺が記念された。
警告に先立ち、エルサレムのヤド・ヴァシェム世界ホロコースト記念センターの職員は、独自のAI搭載ソフトウェアを開発し、既知および未知の犠牲者の詳細の調査を改善する取り組みを進めていると述べた。
長年にわたり、ボランティアたちは陳述書や文書を読んだり、映画の録画や葬儀などの記録を確認したりして、490万人に関する情報を追跡してきました。
「人間が全てをチェックし、細部まで一つも見逃さないようにするのは非常に難しい」と、同研究センターのソフトウェア開発責任者、エスター・フックスブルマー氏はロイター通信に語った。
フックスブルマー氏は、現存する900万件の記録には非常に多くの抜け穴があったと述べた。「ナチスは人々を連行し、射殺し、穴に閉じ込めただけだった。そして彼らについて語る者は誰もいなくなった」
「そして、個人と家族の日付やメンバー、その他の詳細を結び付け、重複を監視し、アカウントを比較するという大きな課題がある」と彼は語った。
英語、ヘブライ語、ドイツ語、ロシア語などの言語のメモをフィルタリングするために過去2年間にわたって開発されたこのAIシステムは、現在テスト段階にある。
「技術は非常に速く、数百の証言を調査するのに数時間しかかからず、結果は非常に正確だ」とフックスブルマー氏は語った。
「証言ごとに、6~7人の名前と詳細が判明し、自動的にデータベースに入力できる。見つかった名前の約10%はすでにデータベースにあるが、90%はこれまで聞いたことのない新しい名前だ」と説明した。
あるケースでは、アウシュビッツに連行されたルーマニア出身の4歳半の双子、エラディットとルース・ローゼンバウムに関する情報が見つかりました。ルースは生き残りましたが、殺害されました。
「そして、私たちはルースについて、彼女の家族ではない、キャンプで彼女が出会った人から、より多くの情報を得ることができるのです」とフックスブルマー氏は説明した。
裁判では、スタッフは生存者の3時間にわたるビデオ録画を含む3万件の証言のうち400件を検証した。
フックスブルマーによれば、1,500人の新たな名前が追加されており、今後数週間でさらに名前が追加され、このシステムは30,000人の証言に利用される予定だという。
この試験の次の段階には、毎日の本が含まれます。
「そうすることで、殺された多くの犠牲者、誰にも知られていない小さな子供たちについて、彼らに何が起こったのかを私たちに伝える多くの物語をもたらすことができると信じている」と彼は結論付けた。
英語、中国語、日本語、アラビア語、フランス語の各バージョンは AI によって自動的に生成されます。そのため、翻訳に不正確な点がある可能性があります。常にインドネシア語をメイン言語としてご覧ください。(システムは DigitalSiber.id によってサポートされています)

タグ: 国際史 知識 ナチス 人工知能 ホロコースト 第二次世界大戦

© 2024 VOI – ニュースに革命を起こす時が来た

元記事: https://voi.id/en/news/379968

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください