シンガポール:シンガポールの文学界のメンバーは、人間の言語テキストを理解し生成するように設計された機械学習である大規模言語モデル(LLM)のトレーニングに彼らの作品を使用するという政府の取り組みに不満を抱いている。
情報通信メディア開発庁(IMDA)の東南アジアに特化したLLMである国家マルチモーダルLLMプログラム(NMLP)は、2023年12月に「シンガポールとその地域の独自の言語的特徴と多言語環境を理解できる地域的文脈を備えた基本モデル」と説明されていました。
しかし、4月には作家たちが著作権と補償に関する懸念を表明した。IMDAは3月28日にアンケートを送付し、作家たちに4月7日までにNMLPでの作品使用の同意を求めるとしていたが、締め切りは後に4月15日まで延長された。
「十分な検討と安全策なしに導入された場合、AIソフトウェアは本来著作権で保護されるべき素材を吸収し始め、既存の著者や出版社の生活に悪影響を及ぼすだろう」とストレーツ・タイムズ紙はエトス出版者のン・カー・ゲイ氏の発言を引用した。
STの記事を書いたジャーナリストのチャーメイン・リム氏は、LinkedInの投稿で、著者の作品を許可なく使用することは著作権法に違反するだけでなく、「作家から生計の手段や作品の執筆に費やした苦労に対する報酬を奪うことにもなる」と指摘した。
「これは、法学修士課程に伴う他のあらゆる問題のほんの一部に過ぎません。盗作、他人の著作を盗んでその人の名で偽の作品を出版すること、データセットの保護、これらすべての倫理的な問題などです」と彼女は付け加えた。
今週初め、テクノロジー系出版物「Rest of World」の記事の中で、ジャーナリストで作家のニコラス・ヨン氏はこの問題についてさらに論じ、IMDAの要請に対する文学界の激しい反応を指摘した。
彼は著名な作家であり、シングリッシュの第一人者であるグウィー・リー・スイ氏と話をしたが、スイ氏は自身の著作をNMLPの訓練に利用することを拒否した。
「作家が相談する価値があると見なされる前の[法学修士課程の]計画段階では、私の関心事が優先されるという確信が持てません」とヨン氏は多作な作家の言葉を引用している。
ヨン氏はまた、シンガポールの作家による抵抗を、他のアーティストも同様にAIトレーニングプログラムへの作品の使用を拒否している世界中のより大きな文脈に位置付け、ジョン・グリシャムやジョージ・R・R・マーティンなどの著名な作家が、ChatGPTのトレーニングでOpenAiによって著作権が侵害されたと述べていると付け加えた。
しかし、彼はまた、そのような場合には作家の同意が求められることは稀であると指摘し、オクラホマ州立大学の助教授であるヌリアンティ・ジャリ氏の言葉を引用して、「シンガポール政府のアプローチは、作家の権利に対して異例なほど配慮している。しかし、作家が詳細を知りたいのも当然だ」と述べた。
興味深いことに、グウィー氏は3月10日、フェイスブック上でヨン氏のRest of Worldの記事自体がMediumのAIに乗っ取られたと投稿した。その記事のタイトルは「シンガポールの作家と出版社、懸念の中政府のAIトレーニング提案を拒否」だった。
「ニコラス・ヨンさん、AIがあなたの書いたニュース記事を盗んだのです」とグウィー氏は書いた。/TISG
こちらもお読みください:シンガポールの学校における人工知能:味方か敵か?

元記事: https://theindependent.sg/sg-literary-community-push-back-on-govt-efforts-to-train-ai-language-model/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください