デジタル プラットフォーム、人工知能 (AI)、ソーシャル メディアが経済と社会の構造を形成し続ける中、効果的なガバナンスの必要性がますます明らかになっています。重要な焦点である法律とテクノロジーの交差点に焦点を当てた LL.M. プログラムに参加しましょう。
テクノロジーガバナンスに関するこれらの LL.M. プログラムは、デジタル革命によってもたらされる課題を乗り越えるために必要な知識とスキルを弁護士に身につけさせることを目的としています。
そして、この魅力的な法律分野を学ぶ選択肢の範囲は拡大し続けており、アムステルダム大学は最近、新たな欧州の技術規制の枠組みに焦点を当てたテクノロジーガバナンス(上級LL.M.)コースを開始しました。
他にも、キングス カレッジ ロンドンのディクソン プーン ロー スクールの LL.M. 法とテクノロジー パスウェイなど、さまざまな形で世界中に選択肢があります。キングス カレッジの一般 LL.M. に登録したら、学生は法とテクノロジー パスウェイに沿ってモジュールを選択し、法とテクノロジーの専門 LL.M. 学位を取得できます。
「人工知能、Uブロックチェーン、クラウドコンピューティング、ビッグデータなどの革新的技術の急速な台頭により、世界経済と私たちの働き方、遊び方、交流の仕方が再形成されてきました」とキングス・カレッジの法学上級講師、レロン・ルー博士は述べています。
「科学技術の進歩は、情報プライバシーとデータ保護、知的財産の保護、消費者保護、フィンテックエコシステムの財務安定性、グリーンエネルギーと環境法の問題など、弁護士にとって一連の法的および規制上の課題をもたらしました」と彼は付け加えた。
大きな焦点領域の 1 つは AI であり、医療から金融に至るまでのさまざまな業界に革命を起こす大きな可能性を秘めています。しかし、AI の導入には、アルゴリズムの偏り、雇用の喪失、自律的な意思決定など、倫理的なジレンマも伴います。
テクノロジーガバナンスの LL.M. プログラムでは、AI 法に関する専門コースが提供され、アルゴリズムの説明責任、データ保護、AI 主導の結果に対する責任などの問題を検討します。卒業生は、法的原則を適用してリスクを軽減し、AI システムが倫理規範と社会的価値観に従って動作するようにする方法を詳細に理解します。
「規制よりも速いスピードで進む技術革新が急速に台頭しているのを私たちは見てきました」とコーネル工科大学とコーネル大学法学部の教授であるマシュー・ダモーレ氏は言う。「私たちは顔認識やChatGPTのようなAI技術の出現に取り組み続けています。そして、米国で本格的な規制の取り組みが始まる前から、暗号通貨企業とその評価額の盛衰を見てきました。
「これらすべての分野において、私たちは既存の法律を参考にしながら、長期的にどのような新しい法律、規制、統治機関が必要になるかを考えています」とダモーレ氏は付け加えた。
コーネル工科大学の法学修士課程は、学生が新興技術に関連する法制度を学ぶだけでなく、この分野の法律実務も学べるようにすることに重点を置いています。「そのため、私たちは知的財産法やインターネット法だけでなく、技術取引も教えています。学生はそこで、法の枠組みの中で企業を前進させ、アイデアを収益化し、リスクを軽減する方法を学びます」とダモーレ氏は言います。
テクノロジーガバナンスに関するこれらの LL.M. プログラムの学生にとって、もう一つの主要研究分野は Facebook、Google、Amazon などのデジタル プラットフォームです。これらは、世界の市場や公共の言説に大きな影響力を持っています。しかし、その巨大な力は、データ プライバシー、独占禁止法の問題、および誤情報の拡散に関する懸念を引き起こしています。
テクノロジーガバナンスや知的財産などの関連分野の LL.M. プログラムでは、これらのプラットフォームを取り巻く法的枠組みを詳しく調べ、競争法や特許などのトピックを探求します。規制の状況を理解することで、卒業生はデジタル領域における公平性、透明性、説明責任を促進する政策を推進する準備がより整います。これらはすべて、非常に市場性の高い知識の蓄積です。
「知的財産法と情報法の両方で高いスキルと知識を持つ弁護士の需要が高まっています。この増加は、私たちの日常生活におけるあらゆる種類のテクノロジー、特に情報テクノロジーの重要性が高まっているためです」とヒューストン大学ローセンターの副学部長兼教授のグレッグ・ベッター氏は語っています。
ヒューストン法律センターは、知的財産および情報法の法学修士課程を提供しています。この分野とより広範なテクノロジーガバナンスにおいて、ベッター氏は「エンジニアリングとSTEMのバックグラウンドに重点を置いた特許法から、情報機器やモノのインターネットの成長とともに拡大しているプライバシーやデータ保護などの新しい分野まで、多くの収益性の高い実務の選択肢があります」と付け加えています。
テクノロジーがビジネスの世界を変え続けている中、効果的なガバナンスの重要性はいくら強調してもし過ぎることはありません。この分野の LL.M. プログラムの人気はますます高まると思われます。
あなたの履歴書は LL.M. プログラムへのチケットです。履歴書を輝かせる方法を学びましょう。
今後の司法試験の改革は、米国で法律実務を志す留学生にとってどのような意味を持つのでしょうか?
法制度が国境を越えるにつれ、LL.M.プログラムは、相互につながった世界に必要なスキルを学生に身につけさせるために進化しています。
最新ニュースとヒントを受け取る

© 2001–2024 Pritzwalks – LLM ガイド – 世界中の法学修士 (LL.M.) プログラム

元記事: https://llm-guide.com/articles/from-algorithms-to-antitrust-study-an-llm-in-technology-governance

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください