ジェネレーティブ AI を活用したカスタマー サービス自動化の世界的リーダーである Yellow.ai は、パーソナライズされたコンテキスト認識型の会話をしながら、最適な次のステップを決定する業界初のエージェント モデルである Orchestrator LLM を発表しました。ジェネレーティブ AI エージェント モデルはコンテキストを保持することで、より迅速かつ正確な問題解決を可能にし、顧客満足度を 60% 以上向上させます。
従来のチャットボットは、多くの場合、コンテキスト認識と過去のやり取りの記憶が不足しており、会話が途切れたり、顧客の不満につながったりすることがあります。これらの制限は、意図と発話のトレーニングが不十分なため、プログラムされた応答以外のクエリを処理する能力が限られていることに起因しています。しかし、大規模言語モデル (LLM) の出現により、自動化された顧客体験におけるパーソナライゼーションの強化がますます実現可能になりました。このイノベーションをリードする Yellow.ai の Orchestrator LLM は、次の方法でこれらの課題に直接取り組みます。
「LLM の潜在能力を最大限に引き出すには、強力なオーケストレーション フレームワークが必要です。当社の Orchestrator LLM は、中央統合ハブとして機能し、さまざまな AI ツールやバックエンド システムとシームレスに連携して、より統合されたパーソナライズされた顧客体験を提供します」と、Yellow.ai の CEO 兼共同創設者である Raghu Ravinutala 氏は述べています。「このリリースは、複数の社内 LLM を開発し、人間のような体験を自律的に提供する AI ファースト ソリューションを通じて顧客サービス セクターを再定義するという当社の使命を推進するという当社の取り組みをさらに強調するものです。」
「Orchestrator LLM は、カスタマー サービス業界に真の革命をもたらすことができます。顧客のニーズを予測し、即座に適切な対応を提供できるため、顧客ロイヤルティと業務効率が向上します」と、Waste Connections の CIO である Eric Hansen 氏は述べています。
同社は、多様なカスタマー サービス ユース ケース向けに複数の社内 LLM の開発で大きな進歩を遂げています。ゼロ セットアップ、目標指向の会話、要約、Q&A 回答のための YellowG LLM と、11 以上の地域言語でカスタマー サポートを行うインドネシア初のモデルである Komodo-7B をリリースしました。幻覚率が 1% 未満、平均応答時間が 0.6 秒のこれらの LLM は、企業が設定した厳格な基準を満たすように設計されており、安全で正確、かつパーソナライズされた顧客とのやり取りを保証します。さらに、同社は企業向けに 150 を超える生成 AI ボットの導入に成功しており、堅牢な生成 AI 機能を披露し、カスタマー サービス向けの AI ファースト ソリューションの提供に注力しています。
さらなる最新情報については、Google ニュース Martech News をフォローしてください。

元記事: https://www.martechcube.com/yellow-ai-debuts-industrys-first-orchestrator-llm/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください