• 2024年のクラウドセキュリティの最も一般的な懸念はAI生成コードのセキュリティ脆弱性で、Palo Alto Networksの2024年のクラウドネイティブセキュリティレポートによれば、全ての調査回答者が組織がAIをコーディング支援のために使用していると報告
  • 調査によると、AI、API、アクセス管理のリスクが上位の懸念として報告される一方、セキュリティインシデントが増加しており、アイデンティティとシークレット管理の需要が高まっている
  • 調査では、AIリスクがクラウドセキュリティの主要な懸念の2つになっており、44%の回答者がAIによって生成されたコードの脆弱性に懸念を表明、38%がAIによる攻撃を脅威と見なしている
  • アクセス管理の不十分さ、API関連リスク、クラウドでのアイデンティティ管理の課題が報告されるなど、セキュリティの懸念が多岐にわたる

私の考え:
クラウドセキュリティにおけるAI生成コードの脆弱性が注目されている一方で、AIの活用は急速に進んでいることが明らかです。セキュリティインシデントの増加やAPI関連リスクへの懸念など、クラウドセキュリティに対する意識が高まっていることが報告されています。特に、アクセス管理やアイデンティティ管理の重要性が強調されており、今後のクラウドセキュリティの向上に向けた取り組みが求められていると感じます。

元記事: https://www.scmagazine.com/news/ai-generated-code-top-cloud-security-concern-amid-100-use-rate-in-survey

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください