要約:

  • 労働省とホワイトハウスは、2023年10月のバイデン政権のAIに関する行政命令の一環として、AIシステムの職場での展開から労働者を保護するための新しい枠組みを発表しました。
  • AI開発者と雇用主向けに、AIを職場で活用するための8つの原則を示す労働指針が提示されました。
  • 労働者の権利を保護し、AIを適切に利用することが強調されています。
  • 原則は、AIテクノロジーのライフサイクル全体にわたって参照されるよう意図されています。
  • AIの展開を管理するための連邦政府の取り組みの一環として、透明性の確保と既存の労働力のスキル向上が重要視されています。

感想:

AIを職場で適切に活用し、労働者の権利を保護するための枠組みが重要であると感じます。労働者のエンパワーメントを重視し、透明性と人的監督を確保することが、AIのリスクを軽減するために不可欠であると考えられます。

元記事: https://www.nextgov.com/artificial-intelligence/2024/05/white-house-labor-look-protect-workers-ai-fueled-harms/396644/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください