• OpenAIのSpring Updateの重要なハイライトの1つは、ネイティブmacOSアプリケーションのリリースであり、デスクトップアプリケーションにChatGPTを埋め込むことができる。
  • ユーザーは、スクリーンショットやコピー&ペースト情報を提供し、アプリケーションに理由を導かせ、タスクを達成するのを助けることができる。
  • Windowsが最初にデスクトップアプリを持つのはMicrosoftがOpenAIの主要な財政的支援者であることを考えると、意味があるのか疑問視されている。
  • MicrosoftはCopilotブランドを中心に独自のAIエコシステムを構築しており、ChatGPTアプリがユーザーの注意を奪う可能性があるため、デスクトップChatGPTアプリを急いで持つ必要はない。
  • MicrosoftはCopilotアシスタントに同様の機能を統合し、バックエンドモデルを変更する柔軟性がある。

私の考え:Microsoftは、自社のAI製品をOpenAIとは疎結合に保ちつつ、Appleエコシステムへの足場を築くために適切な戦略を取っているように思います。

元記事: https://bdtechtalks.com/2024/05/16/openai-chatgpt-macos-app/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください