• TD Bank Groupは、generative AIをコンタクトセンターとソフトウェア開発グループで使用し、顧客への返信とコーディングのプロセスを迅速化しており、機械学習を使用して住宅ローンの事前承認と生命保険の申請を迅速に承認している。
  • TD Inventグループは、TD Bank Groupのイムラン・カーン氏が率いる革新的な取り組みを進め、2018年に買収したAIスタートアップLayer 6と協力して、新技術を展開・拡大している。
  • TDは、他の多くの銀行と同様にgenerative AIの導入に取り組んでおり、金融サービス業界が最先端であるとされている。
  • TDは、GitHub CopilotというMicrosoftが開発したgenerative AIプログラミングアシスタントをソフトウェア開発者の間でテストしており、これによりコードの開発を加速化している。
  • TD Inventグループは、TDのエンジニアがGitHub Copilotを使用してユニットテストコードの開発を支援し、エンジニアの作業を効率化している。

私の考え:
TD Bank Groupは、AI技術を積極的に活用し、顧客サービスやソフトウェア開発の効率向上に取り組んでいることが分かります。彼らの革新的なアプローチは、大手銀行が新技術を導入し、拡大する際に直面する障害を切り崩す方法の一例として示唆に富んでいます。金融サービス業界全体でgenerative AIの実験が進行中であり、技術の成熟に伴い市場に多くの付加価値提案が登場することが期待されています。TDの取り組みは、従業員や顧客体験の向上を目指すものであり、データプライバシーやセキュリティに対する配慮も重要視されています。TDのような大手銀行は、実験文化の構築や多様なアプローチを取ること、そしてデータプライバシーとセキュリティに常に注意を払うことが、generative AIの採用をリードするために重要な要素であると考えられています。

元記事: https://www.americanbanker.com/news/td-tests-generative-ai-in-contact-centers-software-development

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください