要約:

  • 2022年11月、OpenAIのChatGPTのローンチはAIへの関心を高めましたが、回答が一般的すぎるか誤っている問題がありました。
  • 回収増強生成(RAG)は、大規模言語モデル(LLM)のルールを書き換える技術であり、専門家チャットボットが特定の質問に答えることができるようになりました。
  • RAGは、データベースから情報を引き出し、LLMの応答に組み込むことで価値を追加します。
  • RAGを使用する際には、データをベクトルデータベースに変換する必要があります。
  • RAGを実装する際には、データの調節戦略など特定のテクニックが必要です。
  • RAGは反応的なアナリティクスだけでなく、より積極的な解決策を模索するAIエンジニアたちの関心を集めています。

感想:

RAGは、大規模言語モデルに特定のデータを組み込み、より具体的なチャットボットを構築するための重要な技術です。データを効果的に管理し、適切に活用することが求められます。また、AI業界の成長とともに、新しい技術がモデルを進化させ、情報の取得が不要になる可能性もあると感じました。


元記事: https://www.businessinsider.com/retrieval-augmented-generation-making-ai-language-models-better-2024-5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください