• 上院多数党院内総務チャック・シューマー率いる上院議員の一部が、人工知能の進展とリスクに対処するための議会委員会が取るべき行動を詳細に記載した報告書を公表
  • 報告書の目標は、2026年までに320億ドルであり、2021年の国家人工知能委員会の報告書と一致
  • AI革新への資金拡充、既存のAI法の執行と意図しないバイアスの対処、米国労働力に対するAIの影響、深層偽造映像に関する問題の解決、潜在的な長期リスクシナリオの緩和などの提案を含むロードマップ
  • シューマーは下院議長マイク・ジョンソンと会合し、両院での支持を確保する予定
  • 報告書は、シューマー、民主党のマーティン・ハインリッヒ上院議員、共和党のトッド・ヤング上院議員、マイク・ラウンズ上院議員らが招集した150人以上のAI専門家による9つのフォーラムの結果
  • シューマーはAIの力を活用することで生まれる「変革的な革新」の可能性を強調
  • 上院は包括的な大規模なパッケージを追求せず、各委員会が専門分野に関連する報告書の一部に取り組む方針

この報告書は、AIの進化に対処するための重要な提言を含んでおり、議会がAIの利点を最大限に生かしつつ、潜在的なリスクにも対処していく姿勢を示しています。シューマー氏の指導のもと、民主党と共和党の連携による取り組みが強調されており、AI技術の発展による様々な側面に対応するための包括的なアプローチが示唆されています。

元記事: https://www.wmot.org/2024-05-15/a-bipartisan-group-of-senators-unveils-a-plan-to-tackle-artificial-intelligence

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください