要約:

  • 2億香港ドルの詐欺事件が、深いフェイクAIを使用した高度なソーシャルエンジニアリングの手口であったことが判明
  • GenAIツールの使用を禁止する企業が増加しており、データプライバシーやセキュリティの問題が理由
  • サイバー犯罪者もAIを悪用し、フィッシング詐欺の複雑さが増している
  • AIは大量のデータに対応し、サイバーセキュリティのスキル不足を補う可能性がある

感想:

AIの進化はサイバーセキュリティに新たな課題をもたらしていることが明らかです。GenAIの技術が悪用され、フィッシング詐欺の脅威が高度化している点には警戒が必要です。一方で、AIはセキュリティ分野でスキル不足を補う可能性があり、大量のデータを処理する能力やリアルタイムでの怪しい活動の検出など、新たな解決策を提供できる可能性があります。ただし、AIの導入には慎重な検討が必要であり、セキュリティポリシーの整備が急務であると感じます。


元記事: https://www.itweb.co.za/article/cybercrime-in-the-ai-era/KBpdg7pmELoMLEew

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください