Artisan AIは、企業向けのAI従業員とソフトウェアを構築するスタートアップであり、YC支援企業である。22歳のJaspar Carmichael-Jack(CEO)、Oxford博士号取得者のDr Rupert Dodkins(CTO)、IBMの製品およびエンジニアリングのベテランであるSamantha Stallings(CPO)によって設立された。

同社は現在、サンフランシスコを拠点とし、「Artisans」と完全自律型のAI従業員、および人間とAIがシームレスに共同作業できる統合プラットフォームを構築しており、エンタープライズチームがコンテキスト切り替えを停止することができるようにしている。

Artisanの使命は、トップのSaaS製品を置き換え、統合するオールインワンプラットフォームを作成することであり、Artisansが人間のチームと協力して作業の大部分を自動化することを目指している。

Artisanは2023年2月にAI BDR(ビジネス開発担当者)のAvaをローンチし、現在、BDRの役割の80%を自動化しており、アウトバウンドセールスツールを10種類以上を1つの統合プラットフォームに置き換えている。

次に予定されているのは、マーケティングアーティザンであるLiamと、カスタマーサクセスアーティザンであるJamesである。

CEOのJaspar Carmichael-Jackは、「競合他社は既存のソフトウェアスタックの上にソリューションを構築しているが、それは正しい方法ではない。私たちのビジョンは、GTM SaaSおよびデジタル労働のための主要プラットフォームになることであり、AI従業員を雇う際に、彼らが使用するためのソフトウェアツールにも支払いたくないでしょう。私たちは、コンテキスト切り替え、悪いUX、および手動ワークフローと戦っています。そして、B2B SaaSを魅力的にすることを使命としています。」と述べている。

Artisanは6か月前にY Combinatorに3人チームで受け入れられ、その後、プラットフォームのV2をローンチし、100社以上をオンボードし、13人の従業員が製品に取り組んでいる。

Artisanは4月初めにプラットフォームのV2をローンチし、これによりAIエージェントのレベル2の自律性が導入されました。レベル1は2023年2月にリリースされたもので、レベル1のAvaは人間の手動レビューが必要でしたが、レベル2のAvaは自動操縦で動作し、直接的な人間の入力なしに様々なスタイルでメールを作成および送信します。

これらの「レベル」は、AIエージェントの自律性のレベルに基づいています。ほとんどのAIソリューションが存在する基本的なスペクトルの端には、エージェントが特定の指示に基づいて行動するレベル1の自律性があります。現在Avaが操作しているレベル2は、システムが最小限の人間の監視で決定を下し、タスクを実行する支援的自律性を導入します。

Artisanは現在、レベル3の自律性に取り組んでおり、AIエージェントがタスクを実行するだけでなく、指定されたシナリオ内で複雑な意思決定プロセスを開始することになります。Artisanチームは、与えられた役割に関連するすべてのハードスキルとソフトスキルで人間よりも優れたパフォーマンスを発揮できるAI従業員であるレベル5のArtisansに至るまで、自律性のレベルを上昇させ続けます。

元記事: https://tech.eu/2024/05/16/artisan-ai-raises-73m-to-develop-autonomous-ai-employees/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください