• GoogleはI/O開発者会議で長い基調講演を行い、生成AIができることについて述べた。
  • AIアシスタントが日常的な作業を行い、時間を節約することに重点を置いた。
  • Googleの最新の大規模言語モデルGemini 1.5 Proによって強化されたAIツールは、Webや写真ライブラリ、メールなどを検索できる。
  • AIは結果を幻視することがあるが、ビジネスクリティカルなクエリを投げる場合の影響は不明。
  • GoogleはGemini 1.5 Proと新製品Gemini 1.5 Flashを開発者向けに提供し、更新をもたらしている。
  • Googleの製品スタック全体にGemini AIが組み込まれており、写真検索やGmail向けの新機能が導入されている。
  • GoogleはAIを検索クエリのデフォルトにし、AI概要が検索結果に影響を与えるようにしている。
  • 新しいAIメディア作成ツールとしてVeoやImagen 3が発表されており、AIをさらに多くの分野に活用している。

GoogleはAIをすべてに統合することで技術力を活用しており、将来の目標はStar Trekのコンピューターのように、自然な会話で任意のタスクを実行できるようにすることのようだ。

AIチャットボットが単なる好奇心ではなく実用的になることを期待しているが、Googleにとってそれがどのように収益を生むかはまだ不明確である。

元記事: https://knowtechie.com/everything-announced-at-google-io-2024/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください