ネットワーク・レールとの協力により、オークランドは鉄道業界内の知識管理の課題に取り組んでいます。

  • AIの力を活用し、ネットワーク・レールが情報と洞察を活用する方法を革新するソリューションを開発
  • ネットワーク・レールは、貴重な情報の管理やPDF、ビデオなど様々な形式での保存に課題を抱えており、これらをデータソースとしてより効果的に活用する機会があった
  • オークランドはAIを活用して過去のプロジェクトからの洞察を共有し、新しいプロジェクトのライフサイクル中に問題を予防することで全体的な効率と効果を向上させる戦略を確立
  • プロジェクトは生成AI機能を活用し、ユーザーが言語モデルと対話できるようにするダイナミックなチャットボットインタフェースを提供
  • オークランドのジャック・エバンスは、「AIをソリューションの中心に置くことで、実際に長年にわたってポジティブな影響をもたらす可能性の豊富な可能性を開放できる」と述べている
  • ネットワーク・レールとオークランドのパートナーシップは、革新と運用の卓越性を目指し、業界をリードするソリューションとベストプラクティスを提供

私の考え: ネットワーク・レールとオークランドの取り組みは、AIを知識管理に活用することで、業界全体の効率と効果を向上させる画期的な取り組みであると感じます。AIの力を最大限に活用して、過去の経験からの学びを生かし、未来のプロジェクトに活かすことは、業界における革新的な進化をもたらす可能性があります。

元記事: https://news.railbusinessdaily.com/network-rail-partners-with-oakland-to-revolutionise-knowledge-management-through-cutting-edge-ai-technology/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください