Google I/O 2024の要約

Google I/O 2024の要約

  • Googleは毎年恒例の開発者会議「Google I/O」でAIに重点を置いている。
  • 新しいGemini言語モデルの拡張を発表し、1.5 Flashのパブリックプレビューを含む。
  • 1.5 Flashは高頻度タスク用に設計され、Gemini APIを通じてアクセス可能。
  • APIの改善には、大きなプロンプトのパフォーマンス向上のためのコンテキストキャッシング、並行関数呼び出し、ビデオフレーム抽出サポートが含まれる。
  • オープンAIエコシステムを促進するため、Keras、TensorFlow、PyTorch、JAX、RAPIDS cuDFなどのフレームワーク間の統合が強調された。
  • AndroidとサムスンのGalaxyデバイスで低遅延、プライバシーを保護した体験を可能にするGemini NanoとAICoreシステムサービスを発表。
  • Web開発では、ChromeデスクトップにGemini Nanoを統合し、デバイス上のAI機能を提供。
  • 全スタック、マルチプラットフォーム開発のために、Project IDXを待機リストなしで全員に開放。
  • Google開発者プログラムを刷新し、無料のGeminiアクセス、学習リソース、クラウドクレジットを提供。

所感

GoogleはAIを取り入れた最新の開発ツールで、モバイル、ウェブ、フルスタックアプリケーションの構築をサポートすることに注力しています。これにより、開発者はより強力でインテリジェントなアプリケーションの開発が可能になるでしょう。GoogleはAI技術の先進性とアクセシビリティの向上を目指しており、これが開発者コミュニティにとって大きな利点となります。


元記事: https://www.developer-tech.com/news/2024/may/15/google-continues-ai-push-new-gemini-tools-developers/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください