要約:

  • 米国務省外交保安局は、開発プロセス全体にわたってセキュリティを組み込んだ継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)パイプラインの確立に取り組んでいます。
  • サイバーセキュリティの専門家は、レッドチームとブルーチームに分かれ、機関のセキュリティ向上のために協力しています。
  • ブルーチームは「ブルースコアカード」と呼ばれるアーティファクトを作成し、評価を希望するシステム所有者に対してスコアカードと脆弱性に基づく所見を提供しています。
  • レッドチームのテストはペネトレーションテストに似ていますが、具体的な目標を持ち、複数の段階を経るため時間がかかります。
  • 情報リソース管理局(IRM)と連携し、コーディングと自動化の未来に取り組んでおり、継続的なペネトレーションテストや脆弱性評価、修正を実施しています。
  • AIを活用して自動化プロセスを強化しつつ、人間の介入による検証も重要視しています。
  • 技術だけではすべての問題を解決できないとしており、開発者との関係構築や信頼構築が重要とされています。

感想:

  • セキュリティを考慮したCI/CDパイプラインの構築は、システムの安全を保ちながら効率的な開発プロセスを実現する上で非常に有効です。
  • レッドチームとブルーチームの協力によるアプローチは、実際の脅威に対する防御力を高め、多角的なセキュリティ対策を可能にします。
  • AIの適切な活用が、セキュリティオペレーションの自動化と効率化を推進する一方で、人間による最終的な検証が不可欠である点を理解していることが印象的です。
  • 技術と人間関係のバランスが、今後のセキュリティ対策の成功に不可欠であるとの認識が示されており、これは非常に重要な考え方だと感じます。


元記事: https://federalnewsnetwork.com/federal-insights/2024/05/a-look-into-software-development-at-the-state-department/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください