• ストックホルムに拠点を置く企業「Grasp」は、投資銀行と経営コンサルタント向けのAIアシスタントとして世界初の一つであり、H&Mの会長であるカール=ヨハン・ペルソンのPhilian Investを含む投資家から€1.9百万を調達した。
  • Graspは、元マッキンゼーのコンサルタントであるリチャード・カールソンとヨハン・セダーキスト・デヴェール、AIエンジニアのサイモン・ヘルクヴィストによって設立された。
  • GraspのAIプラットフォームは、生成AIと言語モデルを使用して、投資銀行や経営コンサルタントが現在行っている複雑で時間がかかるタスクを合理化する。
  • 現在、世界中の25社がGraspを使用している。
  • 投資はGraspのAIプラットフォームの開発の加速とグローバルな拡張を続けるために使用される。

私の考え:

Graspの技術革新は、特に投資銀行や経営コンサルタントの業務効率化において重要な役割を果たす可能性があります。AIと言語モデルを活用することで、これまで人間が行っていた複雑なタスクをAIが担うことができ、業務のスピードと精度が向上するかもしれません。また、グローバル市場における明確な顧客層に対して有効な解決策を提供することは、企業の競争力を高める上で非常に有効だと感じます。

元記事: https://tech.eu/2024/05/15/stockholms-grasp-raises-eur19m-for-ai-investment-banking-assistant/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください