技術記事の要約

  • 英国政府は2023年5月15日にAIモデルのハッキングと破壊行為からの保護を強化するための新たな基準を発表。
  • この発表は、サイバーセキュリティ分野の市場価値が約120億ポンドに達しているという発表に続くもの。
  • サイバーセキュリティの国際会議「CYBERUK」で発表されたこれらの取り組みは、英国のサイバーレジリエンスと革新への継続的な取り組みを象徴。
  • 技術大臣サキブ・バティは、AIモデルを保護するための包括的な実践コード2つの導入を発表。
  • これらのコードは業界専門家と協力して策定され、製品に対する改ざん、ハッキング、破壊行為への耐性を強化。
  • 過去1年間に半数の企業と3分の1の慈善団体がサイバー攻撃または侵害を経験したことが、これらの対策の必要性を浮き彫りに。
  • サイバーセクター分析レポートも公開され、サイバーセキュリティ分野の成長軌道と市場価値の増加を示す。
  • 政府は規制枠組みだけでなく、若者のサイバースキル育成も推進しており、18歳から25歳を対象とした国家サイバースキルコンペティションを計画。

コメント

英国政府は、AIモデルの保護を強化することでデジタル経済の安全な成長を目指しており、そのための具体的な方策として実践コードの導入が挙げられます。このような動きは、サイバーセキュリティの重要性が高まる中で、他国にも影響を与える可能性があります。また、若者向けのサイバースキル育成は、長期的な国の安全保障と経済発展に寄与する重要な戦略と言えるでしょう。

元記事: https://www.openaccessgovernment.org/uk-gov-launches-measures-to-enhance-cyber-security-in-ai-models-and-software/177178/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください