• イギリス政府は、AIモデルをハッキングや破壊行為から保護するための新しい対策を発表しました(2023年5月15日)。
  • この発表は、CYBERUK会議中に行われ、セキュリティ分野の現在の市場価値が約120億ポンドに達していることも同時に発表されました。
  • テクノロジー大臣のサキブ・バッティの下、政府はAIモデルを保護するための包括的な実践コード2つの導入を発表しました。
  • これらのコードは業界の専門家と協力して作成され、開発者に製品を改ざん、ハッキング、破壊行為に対して耐性を持たせることを義務付けています。
  • このような対策が必要であることは、最近の調査でビジネスの半数とチャリティの3分の1が過去1年間にサイバー侵入や攻撃を経験したことが明らかになったことからもわかります。
  • サイバーセクター分析レポートも発表され、セキュリティ分野の成長軌跡が描かれており、昨年だけで13%の増加を遂げ、市場価値は約120億ポンドに達しました。
  • 政府は、規制フレームワークを超えて、若者の間でサイバースキルを育成するための取り組みも行っており、18〜25歳を対象とした国家サイバースキルコンペティションの計画があります。
  • これらの新しい対策により、AIモデルの設計段階からの強靭性が向上し、デジタル経済の大きな可能性を安全に引き出すことができると政府は強調しています。

【感想】

イギリス政府によるAIモデルの保護対策の強化は、デジタル経済の成長を促進する上で非常に重要なステップです。サイバーセキュリティを強化することで、企業や組織が安心して技術を導入し利用できる環境が整います。また、若者を対象としたサイバースキルの育成は、将来のセキュリティ専門家を増やすことにも繋がり、国全体のデジタル防衛力の向上に寄与するでしょう。


元記事: https://www.openaccessgovernment.org/uk-gov-launches-measures-to-enhance-cyber-security-in-ai-models-and-software/177178/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください