技術記事の要約

技術記事の要約

  • BASICの60周年とSQLの50周年を記念して、ソフトウェア開発の過去を振り返る。
  • イアン・ミエルが作成した図を使用し、ソフトウェア開発の歴史について解説。
  • パンチカードやシェルスクリプトの使用から、グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)によるコンピュータの普及が進んだ。
  • SQLのような宣言型言語の導入により、プログラムの概念が変化し、開発者の役割も変わった。
  • バージョン管理システム(CVS、Gitなど)が開発の協力と効率化を支援。
  • JavaやMavenの導入により、依存関係管理が改善。
  • JenkinsによるCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)が推進。
  • クラウド時代の到来とともに、インフラの管理やコンテナ技術(Dockerなど)が重要に。
  • 現在、クラウド開発ではAmazonが大きな影響を持ち、データの地理的・法的な問題も重要視されている。
  • ソフトウェア開発の歴史は協力と「真実の源」を求める旅であり、将来も開発者は「私のマシンでは動く」と言うだろう。

個人的な感想

この記事はソフトウェア開発の進化を詳細に追いかけていて、特に過去の技術から現代のクラウド技術までの移行が興味深いです。開発ツールや言語の進化は、ただ技術的な変更だけでなく、開発者の役割や考え方にも大きな影響を与えていることがよくわかります。また、CI/CDのようなプロセスの自動化がどれだけ重要かも強調されており、効率的な開発フローの構築には欠かせない要素であることが理解できます。


元記事: https://thenewstack.io/from-cards-to-clouds-a-family-tree-of-developer-tools/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください