要約

  • スコットランドのスタートアップ「Malted AI」がシード投資で600万ポンドを調達し、総額700万ポンドの資金を確保。
  • リード投資家はHoxton Venturesで、Creator Fundやエンジェル投資家も参加。
  • Malted AIは大規模言語モデル(LLMs)の出力を、小規模言語モデル(SLMs)に精製する技術を開発。
  • この技術により、企業は特定の問題を解決するためのSLMsを用いて、コストを10倍から100倍削減できる。
  • 金融や法律業界の企業が初期パイロットとしてこの技術を利用しており、2024年にはさらなる展開が計画されている。
  • Malted AIの共同創設者であるIain Mackieによれば、特定の課題に最適化されたSLMsのネットワークを構築することが目標。
  • Malted AIは、2022年のAmazon Alexa Prizeで勝利したアイデアから生まれた。
  • 設立者はエジンバラとグラスゴーの大学と密接な関係を持つ、ヨーロッパのAI発祥の地から出たトップクラスのAI専門家。
  • 新たな資金は研究、製品開発、および人材採用に投資される予定。

感想

  • Malted AIのアプローチは、一般的な大型モデルではなく、特定の課題に特化した小型モデルの開発に焦点を当てている点が興味深い。
  • 企業が直面する複雑な問題に対して、より効率的かつ経済的な解決策を提供する可能性がある。
  • 特にコスト削減が顕著であり、AI技術の企業導入において大きな変革をもたらすかもしれない。
  • スタートアップが迅速に成長し、その技術が実際の業界でどのように応用されるかを見るのが楽しみである。

元記事: https://tech.eu/2024/05/15/malted-ai-raises/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください