• 英国政府は2023年5月15日、AIモデルをハッキングやサボタージュから保護するための新たな対策を発表し、これがグローバルスタンダードを設定することが期待されています。
  • この発表は、サイバーセキュリティ分野が現在約120億ポンドの価値があると発表された後、CYBERUKカンファレンスで行われました。
  • 新しい対策には、AIモデルを保護するための2つの包括的な実践コードが含まれており、産業専門家との協力の下で作成されました。
  • これらのコードは、製品が改ざん、ハッキング、サボタージュに対する耐性を持つよう開発者に要求します。
  • 最近の調査で、ビジネスの半分とチャリティの3分の1が過去1年間にサイバー侵入や攻撃を経験していることが明らかになり、これらの対策の必要性が強調されています。
  • 技術大臣のサキブ・バッティ氏は、デジタル経済の潜在力を最大限に引き出すためには安全な環境が必要だと述べています。
  • サイバーセキュリティ部門の成長は顕著で、昨年から13%増加し、約120億ポンドの価値があります。
  • 政府は、若者の間でサイバースキルを育成するためのイニシアティブも展開しており、18歳から25歳を対象とした国家サイバースキルコンペティションを計画しています。

【感想】
英国政府によるAIモデルの保護に関する新しい対策は、サイバーセキュリティを強化しデジタル経済を支える上で非常に重要なステップです。特に、AI技術がさまざまな分野で広く利用されている中で、これらの技術の安全性を確保することは、信頼と経済成長の両方を支える基盤となります。また、若者を対象としたサイバースキルの育成は、将来的なサイバーセキュリティ人材の確保に貢献し、持続可能な成長を促進すると期待されます。


元記事: https://www.openaccessgovernment.org/uk-gov-launches-measures-to-enhance-cyber-security-in-ai-models-and-software/177178/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください