• 2022年末に登場した生成AIツールは、当初、多くの学校や教育者から冷ややかな反応を受けた。生徒たちがAIが生成したエッセイを自分の作品として提出していたため。
  • しかし、教育者が授業に生成AIを取り入れ、授業作業での使用を許可するようになると、教育者と生成AIツールとの関係は融和してきた。これは慎重に行われている。
  • 教育者は、将来的に生成AIが専門的な生活で広く使用されるだろうと認識している一方で、学生が自分の知能を使って科目の習熟度を示せるような課程を設計する必要がある。
  • IEEEのシニアメンバーであるSuélia Fleury(ブラジル)、Gloria Washington(アメリカ)、Poonam Chaudhary(インド)の3人の教育者が、教室でのAIの使用について語っている。
  • Fleuryは、「教育教育における人工知能の使用は避けられない」と述べているが、まだ教育や授業計画にAIの応用を取り入れてはいないものの、その使用を禁じてはいない。
  • Washingtonは、大学が課題や宿題において生成AIの使用を許可しているが、その使用には出典を明記する必要があると説明している。
  • 一部の科目、例えば「プログラミング入門」では、基本を学ぶ前にツールを使用してコードを生成することは許されていないとWashingtonは言及。
  • Chaudharyは、生成AIが学生にとって、彼らのスキルや思考過程、知識を検証する手段を提供し、同時に彼らの強みではないかもしれないタスクを自動化する方法を提供すると指摘。
  • Washingtonは、教育におけるAIの将来について、「即興でよくある質問を生成し、異なるスタイルの学習者がスキルを練習できるような資料を集め、学生が対話的に理論を検証できる方法を提供する」と語る。
  • Fleuryによれば、AIによって生成された情報が矛盾していたり正しくなかったりすることがあり、それがAIの有用性にどのように影響するかについて議論している。
  • Washingtonは、教師や教授が生成AIを使用して学生に応用理論を教える手助けをしており、生成AIからの解決策や出力を出発点として、学生にそれをクラスの原則や技術を通じて検証させている。
  • Chaudharyは、学生がチャットボットを使用すると、個々の学生の能力が見えにくくなる可能性があると指摘しており、AIに過度に依存することは、学生が批判的思考を行うことやAIが提供する情報を超えて探求することを妨げる可能性があると警告している。

この記事から、生成AIが教育分野に及ぼす影響と、それを教育現場でどのように取り入れるかについての具体的な議論がなされています。特に、AIに依存することのリスクと、それを教育ツールとしてどのように活用していくかのバランスを取ることの重要性が強調されています。教育者がAIの利用をどのように取り扱っているか、その具体的な例も示されており、今後の教育のあり方について考えさせられる内容です。


元記事: https://cxotoday.com/specials/how-3-educators-are-using-generative-ai/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください