技術記事の要約

技術記事の要約

  • Buildotsは、AI構築技術企業であり、最近「Delay Forecast」という新機能を発表しました。
  • このAI駆動ツールは遅延リスクを予測し、建設チームに潜在的なペースの問題を警告します。これにより、問題が悪化する前に予防策を講じることができます。
  • 遅延の根本原因を活動レベルで分析し、プロジェクトマネージャーがパフォーマンスと戦略を継続的に改善するのに役立ちます。
  • 「Delay Forecast」機能はBuildotsのメインダッシュボードに直感的に統合され、スケジュール遅れのリスクがある活動をフラグ表示します。
  • 予測される遅延を通じてリスクを定量化し、遅延を防ぐためのペース修正の推奨も提供します。
  • ユーザーは遅延アラートを受け取った際、新しいペースの仮定を入力し、これらの変更がタイムラインにどのように影響するかを確認することができます。
  • ダッシュボードは、プロジェクトチームが週ごとにリスクの傾向を追跡することを可能にし、彼らの決定の実際の影響を確認できます。
  • Buildotsは、62%の建設現場活動が計画よりも一貫して遅れており、25%が計画の半分のペースで進行していることを示す研究を実施した後、この機能を開発しました。
  • この新機能は数多くのグローバル建設現場でベータテストされ、PDCM方法と一緒に使用することで遅延時間を50%削減するのに役立ったとされています。

感想

建設業界において遅延は大きな問題ですが、Buildotsの「Delay Forecast」機能は、AIを活用してこれを解決しようとしている点が非常に印象的です。データ駆動型のアプローチは、遅延を事前に予測し、適切な対策を講じることでプロジェクトの効率を大幅に向上させる可能性があります。特に、活動レベルでの詳細な分析が可能であるため、具体的な改善点が明確になり、より戦略的なプロジェクト管理が期待できるでしょう。


元記事: https://www.constructionbriefing.com/news/buildots-unveils-ai-powered-forecasting-tool-to-mitigate-construction-delays/8037201.article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください