• オランダのスタートアップ「Uncover」は、訴訟を対象とした新しいAIアシスタントを発表しました。
  • このAIアシスタントは、ベクトル検索とLLM技術を活用して、法的言語の文脈とニュアンスを理解し、正確なキーワードなしで包括的な検索を実行できます。
  • 「大量の文書を分析し、法的概念を深く理解することに基づいて情報を取得する」ことが目的です。
  • アムステルダムに拠点を置くUncoverは、カロライン・ザンド=コルテウェグとイングリッド・ヴァン・デ・ポル=メンシングによって設立されました。
  • この企業は、法律専門家がケースファイルを構造化し、タイムラインや要約を生成し、包括的な文書検索を行い、統一されたアプローチでシームレスなコラボレーションを促進することを目指しています。
  • LLM技術の導入により、2022年6月の開始以来、この目標は大きく前進しました。
  • 現在提供している機能には、プラットフォーム上で多くの操作を一元的に行うことができる点が含まれます。
  • 共同CEOのイングリッド・ヴァン・デ・ポル=メンシングによると、「Uncover Case Assistantは単なるツールではなく、顧客と協力して働く新しいチームメンバーです。」
  • 共同CEOのカロライン・ザンド=コルテウェグは、「この製品は、法的技術の革新の先端を行くことへの私たちのコミットメントを体現しています」と述べています。

考察:

  • 法律分野におけるAIの進化は、専門家が戦略的な側面により集中できるよう支援する重要な要素になりつつあります。
  • Uncoverの取り組みは、法律技術における人工知能の統合がどのように業務の効率化と精度の向上をもたらしているかの一例です。
  • テキストに対する自然な親和性を持つLLM技術は、法的文書の分析に特に適しており、今後の発展が期待されます。


元記事: https://www.artificiallawyer.com/2024/05/15/uncover-launches-ai-driven-case-assistant-for-legal-search-qa/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください