• ヨーロッパ最大の民間AI研究所であるSilo AIが、トゥルク大学のTurkuNLP研究グループおよびHPLTと共に、全北欧言語に対応する初の多言語大規模言語モデル(LLM)「Viking」をリリース。
  • Vikingは北欧言語だけでなく、英語やプログラミング言語にも対応。全北欧言語で最高クラスのパフォーマンスを実現し、英語のパフォーマンスも損なわれていない。
  • Viking 7Bは、すべてのヨーロッパ言語に対応するLLMファミリーへの重要なステップとされる。
  • モデルは、英語の支配を打破し、デジタル主権を強化するために、ヨーロッパのグリーンスーパーコンピューターLUMIで訓練されている。LUMIは水力発電による電力で運用され、排出熱は周辺地域の地域暖房の約20%を占める。
  • Silo AIは、特定の用途にAIソリューションを調整するために、ベースモデルと並行してモデル提供プラットフォームを提供している。
  • Viking 7Bは、地域の価値観や文化に敏感であり、デジタルコミュニケーションで繋がりを促進し、分断を防ぐ技術進歩を目指している。

この取り組みは、言語や文化に対する公平な取り組みを示すものであり、特に多言語対応という点で非常に重要です。地域の言語や文化を尊重し、それに基づいたデータを使用することで、より公平で文化的に敏感なAIの開発が進むことを期待します。また、環境に配慮したスーパーコンピューターの使用は、技術進歩が持続可能であることを示す良い例です。


元記事: https://tech.eu/2024/05/15/silo-ai-s-new-release-viking-7b-bridges-the-gap-for-low-resource-languages/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください