• オランダのスタートアップであるUncoverは、訴訟に焦点を当てた新しいAIアシスタントを発表しました。
  • このAIアシスタントは、ベクトル検索とLLM技術を使用して法律言語の文脈とニュアンスを「理解」し、正確なキーワードなしで包括的な検索を実行できます。
  • 大量の文書を分析し、類似性に基づいて情報を取得し、法的概念を深く理解することが可能です。
  • Uncoverは、Amsterdamに拠点を置き、Caroline Zand-KortewegとIngrid van de Pol-Mensingによって設立されました。
  • このスタートアップの目標は、法律専門家がケースファイルを構築し、タイムラインや要約を生成し、包括的な文書検索を行い、一元化されたアプローチでシームレスな協力を促進することです。
  • LLM技術の導入により、2022年6月の開始以来、この目標は大幅に加速されました。
  • Uncoverはすでに多くの機能を提供しており、法律分野でLLMを活用すると、テキストに対する技術の自然な親和性を利用して、一つのプラットフォームで多くのことを行うことができます。
  • この製品は法律技術における革新の先端に留まることへのコミットメントを体現しています。

【感想】

この技術の導入によって、法律業界における情報処理の精度と速度が大幅に向上する可能性があります。また、LLM技術の活用は、法律専門家が戦略的な法律活動により集中できるよう支援するというUncoverのビジョンに合致しています。法律技術製品が一般的にgenAIを統合する方向に進んでいる中で、Uncoverのアプローチは特に注目に値します。


元記事: https://www.artificiallawyer.com/2024/05/15/uncover-launches-ai-driven-case-assistant-for-legal-search-qa/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください