• リード・スミス法律事務所は、リチャード・ロビンズ氏をAI応用の初代ディレクターとして迎え、現在少なくとも8つの生成AIプロジェクトに取り組んでいます。
  • これらのプロジェクトは、新製品のテストから特定の実務領域のためのAI支援ワークフローの開発まで多岐にわたります。
  • 法律事務所はAI投資の戦略を模索しており、ロビンズ氏は技術専門家と協力して新たなワークフローや価格戦略を創出します。
  • AIの利点としては、取引の迅速な完了や法律サービスのコスト削減が挙げられます。
  • リード・スミスは、商用製品のテストにも注力しており、「ハーヴェイ」などのツールを使用して大量の文書を要約することが可能です。
  • 同事務所は、AIを利用して効率的に作業を進めることで、より多くの業務を低コストで提供することが可能になると考えています。
  • ロビンズ氏はコンピュータサイエンスの背景を持ち、法律業界で長いキャリアを積んでいます。
  • 生成AIは、単に単語を分析するのではなく、概念を分析することができ、法律業界における技術の進歩を象徴しています。

総合的に、リード・スミスがAI技術を積極的に取り入れ、新しいワークフローやコスト削減を目指している点は評価できます。しかし、AIの導入が短期的に収益を低下させる可能性もあるため、そのバランスをどのように取るかが今後の課題と言えるでしょう。また、生成AIの活用は、法律業界に新たな可能性をもたらす一方で、専門家の役割や倫理的な問題にも影響を与える可能性があるため、慎重な取り組みが求められます。


元記事: https://news.bloomberglaw.com/business-and-practice/reed-smith-names-ai-chief-plans-for-faster-deals-and-ip-work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください