• リチャード・ロビンズはリード・スミス法律事務所の初代応用人工知能ディレクターとして就任してから1週間ほどですが、すでに多くのプロジェクトが進行中です。
  • 同事務所は、新製品のテストから特定の実務エリアのAIを活用したワークフロー開発まで、少なくとも8つの生成型AIプロジェクトに取り組んでいます。
  • デビッド・カニングハム、リード・スミスの最高イノベーション責任者によると、これまでAIの取り組みは部分的な作業でしたが、その重要性を認識し、データインサイトや製品設計チームと同等、あるいはそれ以上にAIとデータサイエンスの応用に焦点を当てる必要があると述べています。
  • リード・スミスは、AIがもたらす利点、例えば取引の迅速なクロージングや法的サービスのコスト削減などを活用できる分野を探しています。
  • AIの導入を進める多くの法律事務所とは異なり、リード・スミスのアプローチはより熟考されたもので、AIモデルは既に強みを持つ実践分野で開発すべきだと専門家は述べています。
  • リード・スミスは、法律に特化した生成型AI企業ハーベイなど商業製品のテストに関与しており、初期の段階で最も人気のある使用例は大量の文書の要約でした。
  • 同事務所はデータサイエンス、プロジェクト管理、イノベーションラボの各ユニットでの採用も進めており、新たなAI駆動型ワークフローの開発をサポートしています。
  • リチャード・ロビンズは、コンピュータ科学の背景を持ち、法律業界で長いキャリアを積んでおり、生成型AIの導入により、従来の単語解析だけでなく、概念を分析することが可能になったと述べています。

この記事によれば、リード・スミス法律事務所はAI技術の積極的な導入と応用を進めており、特に生成型AIを活用して法的業務の効率化を図っていることがわかります。法律業界におけるAIの積極的な活用は、業務の迅速化やコスト削減に貢献し、競争力の向上につながる可能性があります。ただし、AI導入の高コストと短期的な収益減少のリスクも考慮する必要があります。リード・スミスのような熟考されたアプローチが、今後の法律事務所におけるAI戦略の模範となるかもしれません。

元記事: https://news.bloomberglaw.com/business-and-practice/reed-smith-names-ai-chief-plans-for-faster-deals-and-ip-work

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください