OutSystemsのAI導入とローコード開発のトレンド記事要約

OutSystemsのAI導入とローコード開発のトレンドに関する記事要約

  • OutSystemsは、企業向けローコードアプリケーション開発のグローバルリーダーである。
  • AIの導入がローコード開発で増加しており、開発とライフサイクル管理のためのAIのアクティブユーザーが年間30%増加している。
  • AI Mentor Systemと呼ばれる機械学習による専門家アシスタントのセットが、開発者をソフトウェア開発ライフサイクルを通じてガイドする。
  • このシステムは、40%以上のOutSystem開発者によって毎月利用され、AIによる提案を提供している。
  • AI Mentor Systemは、1年間で1,000万件のコード問題を自動検出し、開発者にAIによる提案を提供している。
  • OutSystemsはAIエージェントビルダーを導入し、顧客サービスだけでなく、ビジネス機能全体でGenAIエージェントをアプリに統合できるようにした。
  • 同社はまた、大規模言語モデル(LLM)を活用した新しいGenAI駆動のカスタマーサポートツールを導入している。
  • OutSystemsは、AI革新に焦点を当てた第三回年次ハッカソン「Build for the Future」を実施し、MicrosoftおよびAWSと協力している。
  • OutSystemsは、デジタル変革を加速するために、ローコード開発の効率と生成AI革新の力を組み合わせている。

個人的な感想

OutSystemsがAIとローコード開発を組み合わせることで、開発プロセスの効率化と品質の向上が図られている点は非常に印象的です。特にAI Mentor Systemによるコード問題の自動検出や提案機能は、開発者の負担を軽減し、より迅速な開発を可能にする重要な要素だと感じます。また、AI技術を活用した新しい学習管理システムやカスタマーサポートツールの導入は、顧客経験の向上にも寄与しており、今後の展開が楽しみです。


元記事: https://cxotoday.com/press-release/ai-tools-see-record-uptake-among-developers-with-30-yoy-growth-outsystems-reports/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください