• Angwin氏は、オピニオンライターであり調査ジャーナリストです。
  • 1年以上前、主要な研究者たちはAIの大規模なシステムの開発を6ヶ月間停止するよう求めました。彼らはシステムが強力になりすぎることを恐れていました。
  • しかし、開発の停止は行われませんでした。
  • 現在、AIが世界を支配するほど賢いかという問題ではなく、AIがあまりにも愚かで信頼性がなく、実用的でないかという問題があります。
  • OpenAIのCEO、Sam Altman氏は新しいアップデートを発表しましたが、それはChatGPTを安く、速くするという比較的通常の更新でした。
  • AIはそのハイプに生きることができていないようで、全能の存在というよりは、仕事が信頼できない悪いインターンのように見えます。
  • AIの欠陥を認識することは、リソースをより効率的に投資し、より現実的な解決策に注意を向けることを可能にするかもしれません。
  • Molly White氏(暗号通貨の研究者および批評家)は、AIに対して否定的な見解を示しています。AIは多くの場合、その目的に適していないか、創造者が主張する未来の可能性を持っていないと述べています。
  • 過去10年間でAIは画像認識、文章作成、音声の書き起こしなど、以前は想像もつかなかった多くのタスクを達成しました。
  • しかし、AIの最大の業績のいくつかは誇張されているかもしれません。例えば、ChatGPT-4が法廷試験で高得点を取ったとされていますが、実際には48パーセンタイルであり、90パーセンタイルではありませんでした。

感想:

AIの技術は多くの分野で進歩を遂げていますが、その能力や有用性に関する過大評価や誤解が存在するようです。技術の限界を理解し、実際のところどのような場面で有効に機能するのか、慎重に評価する必要があります。また、AIの欠点を認識し、それを改善するための努力も必要です。


元記事: https://www.nytimes.com/2024/05/15/opinion/artificial-intelligence-ai-openai-chatgpt-overrated-hype.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください