• Googleは、開発者向けにGemini 1.5 Proのコンテキストウィンドウを200万トークンに拡大しています。
  • 大規模言語モデル(LLM)は、膨大なデータ量で訓練され、言語を理解しコンテンツを生成するAIモデルです。
  • コンテキストウィンドウを100万トークンから200万トークンに増やすことで、GoogleのLLMの結果が大幅に改善される可能性があります。
  • トークンは、AIがクエリの広範なコンテキストを理解するために評価する単語の一部です。
  • このアップデートは「プライベートプレビュー」として開発者に提供され、広範囲に公開される時期は明言されていません。
  • トークン数を増やすことで、モデルに入力するデータ量が増え、より多くの情報を使用して結果を出力することができます。
  • Googleは将来的に「無限のコンテキスト」を達成することを目指していますが、計算能力がそれを支えるレベルに達するかは未定です。

この技術的な進展は、AIがより複雑な会話やデータの理解を可能にする方向へ進んでいることを示しています。しかし、無限のコンテキストに達するための課題も多いため、この分野のさらなる研究と開発が期待されます。


元記事: https://www.cnet.com/tech/services-and-software/googles-gemini-1-5-pro-will-have-2-million-tokens-heres-what-that-means/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください