• Google I/O 2024は110分間でAIについて121回言及されました。
  • GoogleのCEO、Sundar Pichaiがプレゼンテーションの最後にこの数字を引用しました。
  • GoogleはLLMベースのプラットフォーム「Gemini」をAndroid、Search、Gmailを含むほぼ全てのサービスに組み込んでいます。
  • このカンファレンスはOpenAIの最新のGPT発表の後に行われ、Appleも来月WWDCでOpenAIの技術を取り入れると発表予定です。
  • Googleは新しいAIニュースレターを開始し、6月5日から配信を予定しています。
  • Googleは「Gemini Nano」モデルを今後数ヶ月でより多くの開発者に開放すると発表しました。
  • 新しいAndroidのバージョン、Wear OS、Android TVの最新情報も発表されました。

この記事についての私の感想:

  • GoogleがAIに大きく焦点を当てていることが明確であり、その進化の速度と統合の深さには驚かされます。
  • Geminiプラットフォームの拡張は、Googleの製品がよりインテリジェントになり、ユーザー体験が向上することを意味しています。
  • テクノロジーの進化に関しては、常にプライバシーと倫理的な問題が伴いますので、これらの側面もしっかりと考慮する必要があります。


元記事: https://techcrunch.com/2024/05/14/google-mentioned-ai-120-times-during-its-i-o-keynote/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください