• Googleは、Gemini AIモデルの中で最も強力な「Gemini Ultra」を提供しており、高度なタスクに使用されますが、これには「Gemini Advanced」のサブスクリプションが必要です。
  • 「Pixel 8 Pro」には、モバイルに最適化された効率的なLLMである「Gemini Nano」が搭載されており、デバイス上のAI機能を強化しています。このモデルは、Chromeにも導入される予定です。
  • 「Gemini Nano」は、Chrome 126でデスクトップに導入され、「Help me write」などのAI機能を強化し、ウェブブラウジング体験を向上させます。
  • 「Help me write」機能は、AIを利用してメールやレビューなどのドラフト作成を支援し、デバイス上での処理により、内容の分析と生成が速くなります。
  • 開発者は、「Translate」、「Caption」、「Transcribe」などの機能に「Gemini Nano」を使用できます。
  • 「Gemini」はChrome DevTools Consoleのインサイトにも導入され、デバッグの際のエラー解決やコード解析を支援します。
  • Googleは、AI駆動のウェブアプリの開発を促進するために、新しいAPI「Speculation Rules API」と「View Transitions API」を導入します。

考え:

  • 「Gemini Nano」の導入により、ユーザーのウェブ体験がよりスムーズかつ効率的になると期待されます。
  • 新APIの導入は、ウェブ開発者にとって新たな可能性を開くものであり、特にAIを活用したシングルページアプリケーションの開発が促進されるでしょう。
  • これらの進化は、日常のウェブ使用においてAIの役割がさらに拡大することを示しており、ユーザーにとっては便利である一方で、プライバシーの保護という観点からも注意が必要です。


元記事: https://www.androidpolice.com/gemini-nano-is-coming-to-google-chrome/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください