• サイバーセキュリティの専門家は、ハッカーや詐欺師、不満を持つ従業員などの脅威からシステムを守るためにAIを活用している。
  • AIは、ブルートフォース攻撃、ランサムウェア、フィッシングだけでなく、ソーシャルエンジニアリングを通じた侵入も強化している。
  • ボイスクローニングやAIを用いたディープフェイク技術など、AIの進化はサイバーセキュリティの脅威を増大させている。
  • MicrosoftはVASA-1という技術を公開し、静止画からビデオを生成するデモを示した。これによりディープフェイクのリスクが高まる。
  • OpenAIはAIベースのサイバーセキュリティ技術の開発を支援するための助成金プログラムを発表し、10,000ドルの賞金を提供している。

この記事から、AIがサイバーセキュリティの両面で重要な役割を果たしていることがわかります。一方で防御側の技術を強化する手段として、もう一方で攻撃側の方法としても利用されています。特に進化するAI技術によるボイスクローニングやディープフェイクなどは、新たな脅威となっており、これに対抗するための更なる技術的な対策が求められる状況です。サイバーセキュリティの専門家は、常に最新の技術を駆使して脅威から守る必要があるでしょう。


元記事: https://www.smartbrief.com/original/ai-on-both-sides-of-the-cybersecurity-fence

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください