サイバー保険の現状と将来のリスク管理についての要約

  • サイバー保険市場は未熟ながら、リスク評価に関する理解が急速に進展している。
  • 保険会社はCISOが提出するアンケートだけに頼るのではなく、組織の内部セキュリティ態勢と連動した外部セキュリティスキャンやクラウドメトリクスを取り入れ始めている。
  • Google Cloudのビジネスリスクおよび保険の責任者であるMonica Shokraiによると、クラウドの使用が増えるほどセキュアになり、それによってリスクが低減されるため、保険の引受と価格設定モデルで評価され始めている。
  • AIの導入によるリスク評価の不透明感があり、保険業界はAIを排除すべきか、明確に含めるべきかの評価に苦慮している。
  • Google Cloud Risk Protection Programは、保険業者とのセキュリティデータの共有を効率化するプログラムである。
  • サイバー保険のカバレッジについての合意が不足しており、ポリシーの曖昧さが問題となっている。
  • Monica Shokraiは、Google Cloudのリスク保護プログラムの保険商品開発およびパートナーシップを管理しており、15年以上のリーダーシップ経験を持つ。

考察:

  • サイバー保険市場は、クラウドとAIの影響を受けて進化しているが、これらの技術のリスク評価にはまだ不透明な部分が多い。
  • AIの潜在的なリスクや利益をどのように保険ポリシーに組み込むかについての業界内での明確なガイドラインが必要である。
  • 技術の進化に伴い、サイバー保険業界もその評価基準やポリシーを定期的に更新し、進化させる必要がある。


元記事: https://www.govinfosecurity.com/cyber-insurers-embrace-cloud-metrics-prepare-for-ai-impact-a-25185

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください