• 過去10年間で、ブラウザやフロントエンド技術の進歩により、デザイナーと開発者間のプロセスが大幅に改善された。
  • デザインチームはデザインシステムを採用し、Figmaのようなブラウザベースのデザインツールに移行した。
  • エンジニアリングチームは、Next.jsやFlutter、Tailwindなど、多様なフロントエンドフレームワークやライブラリを使用可能に。
  • 最新のコード生成技術と高度な画像モデルの進化により、アイデアから完全なアプリケーションへのプロセスが大幅に短縮された。
  • デザインと実装の反復プロセスにおいて、ジェネレーティブAIの導入が新たな可能性を拓く。
  • デザインのアイデアからモックアップへのプロセスが、協力的でインタラクティブなものに変わる可能性がある。
  • LLM(Large Language Models)はデザインのサウンディングボードとして機能し、デザインの創造性を刺激する。
  • デザインから機能的なアプリへのパスが劇的に短縮され、迅速なプロトタイピングが可能に。
  • ジェネレーティブAIは、デザインの概念をコードに翻訳する際に、最新のトレンドを取り入れ、ベストプラクティスを適用し、既存のフレームワークを活用する能力を持っている。
  • 将来的には、UIの動的生成を活用した新しいソフトウェアインターフェイスが登場する可能性がある。

この記事を読んで、ジェネレーティブAIがデザインと開発のプロセスに革命をもたらす可能性が非常に高いと感じました。特に、デザインのアイデアを迅速にプロトタイプやコードに変換できる能力は、開発の効率を大幅に向上させるでしょう。また、デザイナーと開発者間のコミュニケーションのギャップを埋め、より協力的で創造的な作業環境を実現する手段として、非常に有効だと思います。


元記事: https://a16z.com/how-generative-ai-is-remaking-ui-ux-design/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください