• OpenAIは最新の大規模言語モデル「GPT-4o」を発表し、これまでで最も高速で強力なAIモデルとして紹介。
  • GPT-4oはテキスト、音声、画像の任意の組み合わせを入力として受け取り、同じ形式で応答を返すことができる。
  • この新モデルは、以前のモデルからの大きな進歩であり、多モーダルAIモデルとされている。
  • 新しいChatGPTは、以前の会話から学習する更新されたメモリ機能を持つ。
  • GPT-4oは、テキストと視覚を使用して対話することができ、スクリーンショットや写真、ドキュメントなどを見て会話を行う。
  • 以前のモデルが複数のモデルを必要としていたのに対し、GPT-4oはテキスト、視覚、音声を通じてエンドツーエンドで訓練された単一のモデルを使用。
  • 応答時間は約232から320ミリ秒で、人間の会話速度と同等。
  • 多言語サポートがあり、非英語テキストの処理が大幅に向上。
  • 音声と視覚の理解が強化され、デモセッションではリアルタイムで線形方程式を解いたり、話者の感情を読み取ったりした。
  • GPT-4oは段階的に一般に公開され、テキストと画像機能は既にChatGPTで利用可能。
  • GPT-4oはまだ統合された多モーダルインタラクションの可能性を探る初期段階にあり、一部の機能は限定的にしかアクセスできない。
  • 安全性に関しては、訓練後のモデル行動の洗練やフィルターされた訓練データなど、内蔵の安全対策が施されている。

考察:

  • GPT-4oの導入により、AIとのインタラクションがより自然で直感的になると期待されます。
  • 多モーダル能力は、AIがより複雑なタスクを理解し、人間らしいやり取りを実現するのに役立ちます。
  • ただし、完全な潜在能力を実現するためにはさらなる開発が必要とされています。
  • 新技術の導入にはセキュリティや倫理的なリスクも伴うため、継続的な評価と改善が重要です。

元記事: https://indianexpress.com/article/explained/explained-sci-tech/gpt-4o-openai-new-ai-model-capabilities-9327407/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください