• DevOpsは開発者と運用チームが協力するアプローチであり、ソフトウェアの質の向上と期待に沿った製品の提供を目指す。
  • 運用の完全自動化を目指す新しいアプローチ「NoOps」が登場。これにより、オンプレミスの運用チームが不要に。
  • NoOpsはPaaSやFaaSなどの自動化システムを用いて運用の専門知識が不要になり、開発者はコードの記述や改善に集中できる。
  • NoOpsにより開発時間の最適化が可能となり、インフラと開発者間の摩擦が減少し、時間が節約される。
  • サーバーレスコンピューティングは支払いを使用量に応じたものとすることで、予算の管理を助ける。
  • しかし、開発者は新たな責任、例えばインフラやコストを一手に引き受けることになる。
  • 運用専門家が不在の場合、セキュリティチームはアクセス制御やサイバー脅威対応などのタスクを拡大させる必要がある。
  • NoOpsはすべてのアプリケーションに適合するわけではなく、データセンターを保有する企業にとっては問題が生じる可能性がある。
  • 将来的には、AIを使用した「インテリジェントOps」がNoOpsを超える可能性が高い。
  • DevOpsが広く利用されている現状では、NoOpsに完全に移行するのは難しいが、NoOpsの要素を取り入れることでプロセスの改善が期待できる。

私の考え:

  • NoOpsの理論は非常に魅力的であり、開発者がコーディングに集中できる環境を提供する点は大きなメリットです。
  • しかし、全ての企業やプロジェクトに適用可能ではないため、導入する際にはその企業やプロジェクトの特性を考慮する必要があります。
  • 特にセキュリティの側面では、専門のオペレーションチームを持たないことのリスクが増加するため、対策が必要です。
  • 将来的にはAIによる運用の自動化がさらに進展することで、NoOpsのコンセプトがより現実的なものとなるでしょう。

元記事: https://www.devprojournal.com/software-development-trends/devops/first-devops-now-noops/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください