• クレイグ・マーテル氏が、リンクトイン、ドロップボックス、リフトでの職務経験を経て、Cohesityの最高技術責任者(CTO)に就任。
  • 連邦政府のAIイニシアティブに関する新しい電子書籍が公開され、CDC(疾病予防管理センター)、エネルギー省、退役軍人省の取り組みが紹介されている。この電子書籍はMaximusがスポンサー。
  • ピーター・ムスリアン氏が連邦ニュースネットワークのプロデューサー。
  • 障害を持つ方がFCC公共ファイルにアクセスする際の支援が必要な場合、スーザン・ラシュコウスキーに連絡すること。

考察:

この記事は、技術分野でのキャリア移動と、連邦政府内のAIイニシアティブに焦点を当てています。特に技術分野での高位職への人材の流動は、個々のキャリアだけでなく、受け入れる企業にとっても大きな影響を与えることが窺えます。また、政府部門でのAIの活用進展は、公共の福祉向上に寄与する可能性が高いと考えられます。


元記事: https://federalnewsnetwork.com/federal-newscast/2024/05/dods-former-chief-digital-and-ai-officer-heads-to-private-sector/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください