技術記事の要約

デル・テクノロジーズの新しいPowerEdgeサーバーについての要約

  • デル・テクノロジーズは、Open Compute Projectによって設計されたハードウェアを採用した新しいPowerEdgeサーバーを発表。
  • クラウドサービスプロバイダー向けのPowerEdge R670 CSPとR770 CSPは、仮想化や分析などの高密度クラウドワークロードに対応。
  • 小規模顧客やエッジケース向けのPowerEdge T160とR260サーバーは、以前のモデルと比べて性能が2倍に向上し、物理フットプリントも40%削減。
  • サーバーは、空冷、直接液体冷却、没入冷却の選択肢を提供するSmart Cooling技術を搭載。
  • Intel Xeon 6プロセッサを使用し、新しい省エネ型CPUデザインの「効率コア」を採用。
  • Dell Open Server Managerを採用し、リモートでの監視、管理、制御が可能。
  • Data Center – Modular Hardware System(DC-MHS)アーキテクチャを初めて導入し、データセンターでのハードウェア展開の最適化と標準化を促進。

考察

この新しいサーバーラインナップは、クラウドサービスプロバイダーだけでなく、小規模な顧客やエッジコンピューティングの場面でも大きなパフォーマンス向上を約束します。特に冷却技術の進化や、DC-MHSアーキテクチャの導入による標準化の進展は、データセンターの運用効率を大幅に改善する可能性があります。これにより、運用コストの削減や環境負荷の軽減に寄与するでしょう。


元記事: https://siliconangle.com/2024/05/14/new-dell-servers-feature-optimized-cooling-open-compute-project-management/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください