• Mars 社の AI 戦略についての話題が All Access: AI in PEX ウェビナーシリーズで紹介された。
  • Lee Bogner 氏が Mars 社の主要な eコマースアーキテクトおよびプリンシパルジェネレーティブAIエンジニアとして講演。
  • Mars 社は顧客やパートナーとの関係において5つの原則(自由、責任、効率、品質、相互性)を重視。
  • 事業領域としては、菓子、ペットケア、食品、ライフサイエンスがあり、それぞれの目標と戦略を定めている。
  • AI の統合は、事業のニーズ、運営、ワークフローと文化に沿って行われている。
  • ジェネレーティブAIは、社内外のコミュニケーション(地理的な翻訳や地域のマーケティングプロモーション)に活用されている。
  • Mars 社は AI の技術基盤と倫理的な問題に関しても規則を定めつつある。
  • 人間とAIの共同作業(HITL:Human in the Loop)が非常に重要視されている。
  • AI 戦略は透明性、正確性、法令遵守などをカバーする10の原則に基づいて策定されている。
  • 今後の AI の展望として、よりパーソナライズされた体験や進化した自然言語処理、多様な AI モデル、分散型 AI が期待されている。

感想:

  • Mars 社の AI 戦略は非常に体系的であり、企業の原則に基づいており、技術だけでなく倫理的な側面も考慮されている点が印象的です。
  • ジェネレーティブAIを活用した事例は、単に効率化を図るだけでなく、ブランドの信頼性を高めるための戦略として組み込まれていることが分かります。
  • 今後 AI がどのように進化していくかについての考察もあり、技術の進歩だけでなく、人間とのインタラクションの重要性を再認識させられます。


元記事: https://www.processexcellencenetwork.com/ai/articles/mars-ai-principles-foundations

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください