– MakerVerse.comは「2024 AI in European Manufacturing Report」を公開し、ヨーロッパの製造業におけるAIの現状とその活用に関する調査結果を発表しました。
– 調査によると、ヨーロッパの製造業者のうちわずか5%が製造プロセスにAI技術を「広範囲に」統合しており、43%はAIを全く使用していません。
– 多くの製造業者がAIに高い期待を寄せているものの、技術の実装には至っていないことが明らかになりました。
– AI導入が遅れている理由として、専門知識の不足や初期投資の高さが挙げられています。
– しかし、79%の回答者が今後5年以内にAIが運用効率の向上に大いに役立つと予想しています。

### 私の考え:
– ヨーロッパの製造業におけるAIの活用はまだ初期段階にあると感じます。高い期待とは裏腹に実際の導入率が低いのは、AI技術への理解不足やコスト問題が大きな障壁となっているためかと考えられます。
– 今後AI技術が製造業の効率化に大きく寄与するとの見通しは非常に期待できる点です。教育や支援体制の充実が、AI導入を加速させる鍵になるでしょう。

元記事: https://metrology.news/2024-ai-in-european-manufacturing-report-optimism-about-ai-but-struggles-with-implementation/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください