– MakerVerse.comによる新しい調査が、ヨーロッパの製造業におけるAIの可能性と現在の利用との間に大きなギャップがあることを明らかにした。
– 「2024 AI in European Manufacturing Report」は、製造業におけるAIの現在の採用率、利点、そして将来の期待について詳述している。
– 調査には50人以上のヨーロッパの製造業専門家が参加し、わずか5%の製造業者が製造プロセスにAI技術を「広範囲に」統合していることが示された。43%はAIを全く使用していない。
– しかし、これは業界がAIの力を活用するための有望な機会を示している。
– 製造業におけるAIの実装が遅れている主な理由は、専門知識の欠如や初期投資の高さなどが挙げられる。
– ヨーロッパの製造業者は、今後5年間でAIが運用効率の向上に大いに役立つと楽観的に見ており、回答者の79%がそのように予想している。

【感想】
– AI技術が製造業に与える影響は非常に大きいとされていますが、実際のところ、その採用はまだ初期段階にあると感じます。特に、専門知識の不足や費用の問題は大きな障壁となっているようです。
– しかし、調査結果が示すように、多くの製造業者がAIの将来的な利点に期待していることから、これらの障壁を乗り越えた場合の成長ポテンシャルは計り知れません。適切な教育とリソースの投資が進めば、AIの採用率も大きく改善されるでしょう。
– ヨーロッパの製造業界がこの機会を活用し、AIの可能性を最大限に引き出すための動きがこれからも期待されます。

元記事: https://metrology.news/2024-ai-in-european-manufacturing-report-optimism-about-ai-but-struggles-with-implementation/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください