– 北バージニアの弁護士、ケーシー・モリスさんがFacebookを再開したところ、見知らぬトレンドに気づいた。
– 「目を70%閉じて魔法を見て」というキャプション付きの投稿で、野菜やトラクター、少女が不自然に配置されてイエスの画像のように見える。

– モリスさんのフィードには、同様の奇妙な投稿が繰り返し現れる。
– 障害を持つ母親や子供、笑顔の切断障害者の画像など、感情を搾取する内容が含まれていた。

– これらの画像はAIによって生成された偽物であり、Facebookが興味があるかもしれないと推薦していることがわかった。

– 404 Mediaのレポーターたちが、最近の数ヶ月でFacebookにAIによる投稿が急増していることを追跡。
– LinkedInやMetaが所有するThreadsなど他のソーシャルメディアサイトでもAI生成画像が現れ始めている。

– ジョージタウン大学とスタンフォード大学の研究者たちは、AIコンテンツを頻繁に投稿する100以上のFacebookページを調査。
– 多くのページが詐欺やスパムで利益を得ていることが判明。

– AIコンテンツを推薦するFacebookのアルゴリズムが、より多くのユーザーへのエンゲージメントを生み出している可能性がある。

– AI生成コンテンツのラベル付けを開始する予定であるとMetaが発表。

– Facebook上のAIスパムにより、多くのユーザーがプラットフォームから離れようと考えている。

### 私の考え:
– AI技術が進化する中で、その応用がもたらすポジティブな側面と共に、偽情報やスパムという問題も顕在化しています。
– プラットフォーム側がユーザーのフィードを制御し、質の高い情報のみを提供する責任がますます重要になっています。
– AI生成コンテンツの適切な管理と透明性の向上が求められる中で、ユーザー自身も情報の真偽を見極めるスキルを身につける必要があります。

元記事: https://www.northernpublicradio.org/2024-05-14/ai-generated-spam-is-starting-to-fill-social-media-heres-why

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください