要約:
– 2019年、人的資本業界のベテランであるブルース・モートンは「Redesigning The Way Work Works」という本を出版し、仕事の再構築と採用プロセスの変革の必要性について警鐘を鳴らした。
– COVID-19の影響で、彼が予測していた変化の多くが予想よりも早く、わずか数年で実現したと述べている。
– 現在、モートンはAIを活用したサービス調達の進化を推進しており、AGS(Allegis Global Solutions)はAI調達プラットフォーム「Globality」との提携を新たな市場戦略としている。
– AIを使用して、単に商品ではなく人的サービスの調達を合理化することが、次のAI利用事例として挙げられている。
– AGSは、作業をタスクごとに分解し、それに基づいて最適な人材を選定するスキルベースのアプローチを採用している。
– AIは、必要な作業を理解し、それに最適な人材をマッチングするためのプロセスを合理化する。
– AGSとその戦略パートナーは、AIを利用した調達プロセスを通じて、顧客に対しより効率的なサービス提供を目指している。

感想:
– AI技術が人材調達プロセスに革命をもたらす可能性が非常に高く、特にスキルベースのアプローチは非常に有効であると感じます。
– 伝統的な採用方法に代わる新しい手法が、企業の柔軟性と効率を高める一助となるでしょう。
– しかし、この技術を最大限に活用するためには、企業が組織的にも技術的にも整理され、適応する準備が整っている必要があります。
– AIと人間の協働がこれからの労働市場において重要な鍵を握ると考えられます。

元記事: https://diginomica.com/ais-next-big-opportunity-optimizing-human-capital-sourcing-says-ags

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください