現時点では新しいアラートはありません
人工知能の悪役を演じるのであれば、あまり邪悪になりすぎず、脅威的な程度で十分だと俳優のシム・リウは語った。
ネットフリックスの「アトラス」での新しい役柄で、リューはハーランという名の凶悪な殺人ロボットを演じている。ハーランはジェニファー・ロペス演じる幻滅したアナリスト、アトラス・シェパードに追われており、アトラスとは同じ恐ろしい過去を持っている。
マーベルの『シャン・チー・アンド・ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス』での英雄的な役柄で知られるリウは、AI意識を持つロボットの悪役を演じるには独特の準備が必要だったとNBCニュースに語った。
「ハーランがあからさまに威圧的な声になるのは望んでいませんでした」とリュー氏は言う。「ハーランは史上初のAIアンドロイドになるはずで、彼のプログラミングは、彼の声をとても穏やかで親しみやすいものにしたかったのではないかと思います。」
「また、彼が『人類を世界から排除したい、核の炎で地球を浄化したい』といった、より邪悪なセリフをほとんど笑顔で言っているときの方が、より不気味だと思う」と彼は付け加えた。
ハーランを「肉体のない、人間ではない」ものにするために、リューは青いコンタクトレンズをつけ、未来的な髪型にした。俳優は、恋人が映画を見たとき、違った反応をしたと冗談を言った。
「彼女は『あなたは『ジャージー・ショア』に出られそうだわ』と言っていました」
劉氏は、この映画は、特にAIの進歩が飛躍的に進んでいる時代に、機械に過度の信頼を置くことの潜在的な危険性を警告していると付け加えた。
「AIに過度に依存すると、人間性や人間の革新やエンジニアリングの魔法が失われてしまうと思います」とリュー氏はNBCニュースに語った。「20年後には、車の運転の仕方を知らない人が生まれるかもしれないと考えると、奇妙な気がします。」
トニー・リーは「ステイ・チューンド」と NBC ニュースのプロデューサーです。

元記事: https://www.nbcnews.com/news/asian-america/simu-liu-says-tried-not-make-evil-ai-robot-role-atlas-menacing-rcna152005

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください