2024年5月13日 15:36:00 CEST | ビジネスワイヤ

世界有数の科学研究センターであり、アブダビ先端技術研究会議(ATRC)の応用研究の柱であるテクノロジー・イノベーション・インスティテュート(TII)は本日、その有名な大規模言語モデル(LLM)の第2弾であるFalcon 2を発表しました。このシリーズでは、2つの画期的なバージョンが発表されました。1つは、110億のパラメータを持つ5.5兆トークンでトレーニングされた、より効率的でアクセスしやすいLLMであるFalcon 2 11B、もう1つは、視覚入力をテキスト出力にシームレスに変換できる視覚言語モデル(VLM)機能によって特徴付けられるFalcon 2 11B VLMです。どちらのモデルも多言語ですが、特にFalcon 2 11B VLMはTII初のマルチモーダルモデルとして際立っており、現在トップクラスの市場でこの画像からテキストへの変換機能を備えた唯一のモデルであり、AIイノベーションにおける大きな進歩を示しています。

本プレスリリースにはマルチメディアが含まれています。リリース全文はこちらをご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20240513516248/en/
Falcon 画像キャプション ジェネレーター (写真: AETOSWire)

Falcon 2 11Bは、事前トレーニング済みモデルの中で同クラスのいくつかの著名なAIモデルと比較してテストされ、80億のパラメータ(8B)を持つMetaの新しく発売されたLlama 3のパフォーマンスを上回り、1位のGoogleのGemma 7Bと同等のパフォーマンスを発揮します(Falcon 2 11B:64.28対Gemma 7B:64.29)。これは、客観的な評価ツールとオープンLLMのグローバルリーダーボードをホストする米国ベースのプラットフォームであるHugging Faceによって独立して検証されました。さらに重要なのは、Falcon 2 11Bと11B VLMはどちらもオープンソースであり、世界中の開発者が無制限にアクセスできることです。近い将来、Falcon 2の次世代モデルを拡大し、さまざまなサイズを導入する計画があります。これらのモデルは、「Mixture of Experts」(MoE)などの高度な機械学習機能でさらに強化され、パフォーマンスをさらに洗練されたレベルに押し上げることを目指しています。

これまでにリリースされた TII の AI モデルはすべて、最も強力なオープンソース LLM として、一貫して世界トップクラスにランクされています。新しい小型で多用途な Falcon 2 11B モデルにより、進化し続ける生成 AI の世界で TII の市場採用が拡大することになります。

多言語機能を備えた Falcon 2 11B モデルは、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、ポルトガル語、その他さまざまな言語でシームレスにタスクを処理し、その汎用性を高め、さまざまなシナリオでその効果を高めます。視覚から言語へのモデルである Falcon 2 11B VLM は、環境からの画像や映像を識別して解釈する機能を備えており、医療、金融、電子商取引、教育、法律などの業界にわたる幅広いアプリケーションを提供します。これらのアプリケーションは、ドキュメント管理、デジタル アーカイブ、コンテキスト インデックス作成から視覚障害者のサポートまで多岐にわたります。さらに、これらのモデルは 1 つのグラフィックス プロセッシング ユニット (GPU) で効率的に実行できるため、拡張性が高く、ラップトップやその他のデバイスなどの軽量インフラストラクチャへの導入や統合が容易です。

ATRC事務局長であり、UAE大統領の戦略研究および先端技術問題顧問であるファイサル・アル・バンナイ閣下は、次のように述べています。「Falcon 2 11Bのリリースにより、Falcon 2シリーズの最初のモデルが発表されました。Falcon 2 11Bは優れたパフォーマンスを発揮しましたが、私たちはこのモデルを通じてオープンソース運動とFalcon Foundationへの取り組みを再確認します。他のマルチモーダルモデルもさまざまなサイズでまもなく市場に登場する予定ですが、私たちの目標は、プライバシーを重視する開発者や組織が、AIの旅を可能にする最高のAIモデルの1つにアクセスできるようにすることです。」

TII の AI クロスセンター ユニットのエグゼクティブ ディレクター兼主任研究員代理であるハキム ハシド博士は、このモデルについて次のように述べています。「AI は絶えず進化しており、開発者はより小型で効率的なモデルの無数のメリットを認識しています。これらのモデルは、コンピューティング パワー要件の削減と持続可能性基準の達成に加えて、柔軟性が向上し、次に出現するメガトレンドであるエッジ AI インフラストラクチャにシームレスに統合されます。さらに、Falcon 2 の視覚から言語への機能は、AI のアクセシビリティに新たな地平を開き、ユーザーに画像からテキストへの革新的なインタラクションを提供します。」

Falcon 2 11B の多用途性により、TII はより刺激的な GenAI イノベーションへの取り組みも検討するようになりました。その 1 つが、前述の「Mixture of Experts」と呼ばれる新しいタイプの機械学習機能の採用です。この方法では、異なる専門分野を持つ小規模ネットワークを統合し、最も知識のあるドメインが連携して、高度に洗練されたカスタマイズされた応答を提供します。これは、それぞれが異なる知識を持ち、必要に応じて予測や決定を行うために協力する賢いヘルパーのチームがあるようなものです。このアプローチは、精度を向上させるだけでなく、意思決定を加速し、よりインテリジェントで効率的な AI システムへの道を開きます。

Falcon 2 11B は、AI の責任ある使用を促進する許容使用ポリシーを含む、Apache 2.0 ベースの許容ソフトウェア ライセンスである TII Falcon License 2.0 に基づいてライセンスされています。新しいモデルの詳細については、FalconLLM.TII.ae をご覧ください。

cts.businesswire.comから本コンテンツを閲覧するには、このページの上部で同意してください。
ソースバージョンはbusinesswire.comでご覧ください: https://www.businesswire.com/news/home/20240513516248/en/
ジェニファー・デワン、コミュニケーション担当シニアディレクター Jennifer.dewan@tii.ae
バークシャー・ハサウェイ社の子会社である Business Wire は、マルチプラットフォームのプレスリリース配信における世界的リーダーです。
以下の電子メール アドレスを登録すると、Business Wire の最新リリースをすべて購読できます。いつでも購読を解除できます。
Alvaria® は、エンタープライズ カスタマー エクスペリエンス ソリューションの大手プロバイダーである Avaya とのパートナーシップの拡大を発表します。このパートナーシップでは、オムニチャネルに準拠したアウトバウンド カスタマー エンゲージメント向けのエンタープライズ規模の高性能ソリューションの共同提供に Alvaria CX™ プラットフォームが含まれます。Alvaria CX は、5 月末までに Avaya One Source ストアで入手可能になります。Alvaria は、5 月 13 日から 15 日までコロラド州デンバーで開催される Avaya ENGAGE で、Alvaria CX の高性能オムニチャネル アウトバウンド キャンペーン機能を Avaya のお客様とパートナーに紹介します。Alvaria CX は、オンプレミス、プライベート クラウド、パブリック クラウド、仮想プライベート クラウド (VPC)、ハイブリッドなど、お客様が選択した環境で追加のコンプライアンス オプションと導入ソリューションを提供することで、Avaya で利用できる Alvaria の機能を拡張します。Avaya の SVP 兼最高製品責任者である Omar Javaid 氏は、「Alvaria アウトバウンド キャンペーンとコンプライアンス管理ツールを Avaya Experience Platform™ 対応のカレンダーと組み合わせることで、
デジタルビジネスおよびITサービスのリーダーであるNTTデータは、AI CRMのトップ企業であるSalesforceによって、同社のアプリケーション環境の標準化と合理化を支援するために選ばれました。NTTデータは、Salesforceの社内インスタンスを含むSalesforceの組織全体のアプリケーションの管理と開発をサポートします。アプリケーションは、Salesforce Sales、Marketing、Service、Experience、Commerce Cloud、MuleSoft、Heroku、Slack、および数百のサードパーティおよびカスタムアプリに及びます。「私たちは専門家が頼りにする専門家であることに喜びを感じており、再販業者およびAppExchangeパートナーとしてSalesforceと提携していることを誇りに思っています。私たちは、市場投入から今では社内アプリケーションの堅牢な環境までを含む360度のパートナーシップを築いています」と、NTTデータ北米の最高成長責任者であるアーロン・ミルストーンは述べています。「あらゆる業界のクライアントがアプリケーションポートフォリオの最新化のために私たちを頼りにしており、SalesforceがNTTデータを選んだのは、マネージドサービスとクラウドサービスにおける40年以上の歴史があるからです。
ヘリカルフュージョンは、2024年3月に国立研究開発法人核融合科学研究所(NIFS)と連携協定を締結しました。NIFSは「HF連携研究グループ」を設立し、4月から活動を開始します。世界最大の超伝導・核融合実験施設をすでに有するNIFS内に、ヘリカルフュージョン専用の特別な実験研究スペースが設けられました。NIFSの支援により、ヘリカルフュージョンは世界初の商用核融合炉の実現を加速します。このプレスリリースにはマルチメディアが含まれています。リリースの全文は、https://www.businesswire.com/news/home/20240507957768/en/ でご覧ください。ヘリカルフュージョンの共同創設者兼CEOの田口貴也氏(左)とNIFS産学官連携課長の安原亮氏(右)が、岐阜県土岐市のNIFSで握手しています。 (写真:ビジネスワイヤ)[背景] 2050年までに世界人口が約17億人増加すると予測され、それに伴い世界人口が急増する中、
Optiscan Imaging Limited (ASX:OIL) (以下「Optiscan」または「当社」) は、ロボット手術で使用するデジタル共焦点レーザー内視鏡画像システムの開発について、メイヨー クリニックとのノウハウ契約を締結したことを発表いたします。この提携は、Optiscan のデジタル内視鏡ハードウェアおよびソフトウェア開発におけるエンジニアリングの専門知識と、メイヨー クリニックのロボット手術および質の高い患者ケアに関するノウハウを組み合わせたものです。24 か月の共同開発計画を含むこの契約では、両社の専門家が協力して、ロボット支援乳がん手術に最初に重点を置いたロボット対応の内視鏡画像システムを開発します。Optiscan の CEO 兼マネージング ディレクターの Camile Farah 博士は次のように述べています。「リアルタイム デジタル病理学および画像誘導精密ロボット手術の採用を迅速に進めることを目指して、当社のロボット画像プラットフォームの開発と臨床試験を加速するためにメイヨー クリニックと協力できることを嬉しく思います。」
AIを活用したデジタルバイオマーカー開発と患者モニタリングのパイオニアであるEmpaticaと、身体活動の歩行モニタリングのリーダーであるMcRobertsは、EmpaticaのデジタルバイオマーカーポートフォリオとFDA承認プラットフォームにMcRobertsエンドポイント71個すべてを統合し、提供品目の合計が200個を超えると発表しました。このプレスリリースにはマルチメディアが含まれています。リリースの全文は、https://www.businesswire.com/news/home/20240513976022/en/でご覧ください。FDA承認済みのEmpatica Health Monitoring Platformは、EmpaticaのEmbracePlusウェアラブルを使用してモニタリングされるMcRobertsエンドポイント71個すべてをホストします。モジュール設計により、手首、腰、ヒップ、その他の身体の場所に装着でき、さまざまな汎用的なデジタル健康測定を提供します。(画像:Business Wire)追加されたデジタルバイオマーカーにより、活動モニタリング、エネルギー消費、睡眠中の動きなどのカテゴリで新しい測定がEmpatica Health Monitoring Platformに強化され、重要な

元記事: https://kommunikasjon.ntb.no/pressemelding/18097036/falcon-2-uaes-technology-innovation-institute-releases-new-ai-model-series-outperforming-metas-new-llama-3%3FpublisherId%3D90063

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください